「ソフト史上最高の打者」山田恵里が現役引退。本誌だけに語った「決断の理由」と「上野由岐子への想い」とは

タグ: , , , , , 2022/10/2

 2008年の北京五輪、そして2021年の東京五輪ソフトボールで金メダルを獲得した山田恵里が、今季限りで現役を引退すると表明した。勝負強い打撃で長きにわたって代表チームを牽引し、東京五輪ではキャプテンも務めた「ソフト史上最高の打者」は、なぜユニフォームを脱ぐ覚悟を決めたのか。引退決意までの経緯と現在の想いを聞いた。

【関連記事】【現役引退】ソフト史上最高の打者・山田恵里を鉄平が直撃!「打てなかった時はどうするの?」巧打者のスランプ脱出法とは【独占取材/その1】






ーー現役生活、おつかれさまでした。引退を決断した理由は?なぜこのタイミングだったのでしょう?

山田恵里 オリンピックが終わったタイミングで、このままソフトボールを続けたいのか、それとも辞めたいのかが見えてくるのかなと思っていたんですが、オリンピックが終わった瞬間はまったく見えませんでした。昨年のシーズンが終わった段階でも「まだ選手としてやれるな」と思ったので続けたんですけど、今年に入って「もう突き抜けた結果を出せないんじゃないか」と感じたことと、あとは完全に悔いがなく、やりきったと思ったので決断しました。

ーー改めて引退する寂しさは感じますか?

山田 寂しさは全然ないです。むしろ、毎日やってきたルーティンを早く終わらせたいですね。

ーールーティンというと?

山田 まず、毎日4時半に起きる。4時半に起きて体幹トレーニングしてスイングしてから練習場に行って、そこでバッティングをしてウエートして全体練習に入るという感じです。だから、もう解放されたいです(笑)

ー-引退まで、残り数試合あります。

山田 特別、何をしたっていうのはなく、自分のプレーを出し切ることで、見てくださる方々に何か伝わるのかと思っています。最後だからと思わずに、普通にやろうと思っています。

ーー山田選手のキャリアを振り返ると、キャプテンを務めた東京オリンピックが印象的です。序盤は苦しみましたが、尻上がりに調子を上げて金メダル獲得に貢献しましたね。

山田 あんな経験は初めてでした。大会序盤は不調で「もう私の東京オリンピックは終わった。人生終わった」と思ってたんです。予選最後のカナダ戦前日も2時間ぐらいしか寝られなかったんですが、その夜にイチローさんのWBCの映像を見て吹っ切れました。イチローさんはWBCですごく不調だったんですけど、決勝の韓国戦でセンター前に決勝タイムリーを打った。あの映像を見て、「自分も明日から大丈夫かも」と勇気をもらって復活できました。

ーー一番の思い出の試合、思い出の場面は何でしょう?

山田 上野(由岐子)さんと最初に対戦した時にヒットを打ったんですよ。それは印象的でした。あとは(モニカ・)アボットからホームランを打ったことですかね。でも、1番といったらなんだろう。やっぱり上野さんと対戦できたことですね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧