【日ハム】西崎氏&幸雄氏が選ぶ前半戦「野手MVP」&後半戦のキーマンとは

タグ: , , , 2020/9/22

 新型コロナウイルスによる影響で120試合制でおこなわれている今年のプロ野球は、いよいよ後半戦へと突入。

パリーグは首位ホークスと2位ロッテが激しい首位争いを繰り広げている。

そんな中、その首位争いになんとか食らいつこうとしている4位の日本ハムについて、ファイターズのエースとして3年連続15勝、5年連続2桁勝利をおさめるなど大活躍をした西崎幸広さん、「ミスターファイターズ」の愛称で知られ、現役時代には2000安打を達成し、名球会入りも果たしている田中幸雄さんの両OBにインタビュー。

今回は、前半戦の野手MVP、そして先日250本塁打を達成した中田翔について、さらに後半戦の戦い方のポイントについて聞いた。

・今すぐ読みたい→
【日ハム】西崎氏&幸雄氏が選ぶ前半戦「投手MVP」&抑えにするなら○○ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-mvp-pitcher/



ー前半戦を終えて、お2人が選ぶ「野手MVP」は誰でしょうか?

西崎さん(以下、敬称略):中田ですかね。4番としてチームを救っていますからね。打点、ホームランを見てもそうですし、試合にでる体力といったところもちゃんと兼ね備えていますよね。

田中さん(以下、敬称略):野手はやはり中田でしょう。打点、ホームラン数を見ても文句ないですからね。

ーそんな中田選手ですが、先日250本塁打を達成。幸雄さんも達成された記録となりますが、中田選手の記録達成を受けていかがですか?

田中:素質的にも、入団した頃からずっと一軍に出続けていれば達成できる選手だと思っていました。ただ、本当はもっとホームラン数が多くてもいい選手だと思うんですよね。

西崎:確かにプロ13年で250本塁打だと1年で約20本ですもんね。少し物足りない感じは確かにするなあ。

田中:ここからもっと本数を増やしていって、その過程の250本にして欲しいですよね。300本もいずれ達成できる選手だと思いますから。年々体の変化も出てくると思うので、少しでも長くレギュラー として出場できるように頑張ってもらいたいですね。





ー幸雄さんが現役時代背負われていた6番を現在受けついでいる中田選手。これから中田選手に対して、どのような選手へとなって欲しいですか?

田中:チームの4番として、柱として頑張って欲しいですよね。去年キャプテンもやっていますし、自覚も凄く出てきていると思うので。今後は彼が若い選手たちを引っ張っていくような存在でいつつ、怪我なく長くやっていって欲しいなと思いますね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧