「原監督は非情である」橋上秀樹が語る原辰徳の野球観とは

タグ: , , , 2020/8/27

 現在セ・リーグ首位を独走中のジャイアンツ。その指揮をとっているのが、原辰徳監督だ。

「第3次原政権」真っ只中の原監督であるが、過去通算13年のうち8度のリーグ優勝と3度の日本一にチームを導くなど、まさに名将である。

そんな名将・原監督とかつてジャイアンツでコーチとして共に戦った橋上秀樹さんが、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube「田中大貴のアスリートチャンネル」にゲスト出演。

橋上さんが側で見ていて感じたという、原監督の野球観、そして原監督を「非情」と語るその理由について明かした。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/






原監督とは合わないと思っていた


2012年から3年間、ジャイアンツのコーチを務めていた橋上さんだが、当時、監督を務めていたのが、原監督だ。

その原監督について聞かれた橋上さんは、このように語っている。

「正直言って、当時は合うか合わないかで言ったら、合わないと思っていました。今まで育ってきた環境とか色々な人に教わってきた野球観というのがまるっきり違う部分があったんですよね。そう思いながらの3年間でしたね・・・」

だが、橋上さんは、次第に原監督に対しての考え方が変わってきたという。

「1番勝ちにこだわっている監督だなと思ったんです。これまで携わってきた野村監督も、勝ちたいんだけれども、情が結構入る。非情になれないんですよね。でも原監督は、勝つことを最優先にしているがために、非情にならなきゃいけないことは非情になれる。僕は長いこと野村監督の下でやっていたので、非情になる原監督に対して違和感があったんです。でも考えてみればプロ野球の監督で、ましてや読売巨人軍という常に勝ちを求められているチームで選手・監督として育ってきた中で、何を1番求められているかというと、やっぱり勝ちなんですよね。なので、常に左右されていてはジャイアンツの監督は務まらない。そう言ったことが原監督は根本的な考えとしてあるんだと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧