公言通りのVも狙える?新庄ハム初の月間MVPダブル受賞が「吉兆」といわれる理由

タグ: , , , , , 2023/6/9

5月は大暴れとなった万波(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 セ、パ両リーグは8日、5月度「大樹生命月間MVP賞」を発表し、パ・リーグ投手部門で、日本ハム加藤貴之投手、打者部門で万波中正外野手がそれぞれ選出された。

 日本ハムの選手が両部門で受賞するのは、12年9月度に投手部門で武田久、打者部門で糸井嘉男が受賞して以来、11年ぶりの快挙、いずれも初受賞となった。

【関連記事】今オフFAの目玉 日本ハム加藤貴之にささやかれる「意外な本命球団」





 昨年はわずか90球で完封勝利を挙げたことでも注目された左腕・加藤貴は5月は4試合に登板。13日のロッテ戦(エスコンフィールド)では4安打で今季初完封勝利を挙げるなどチームに貢献した。注目は30イニングで自責点わずか「1」、防御率0・30という圧倒的なパフォーマンス。初の開幕投手を務めた今季は早期降板を拒否する姿勢をしばしば見せるなど、「主力投手の自覚」も出てきた。

 プロ8年目での初受賞に関して「そういう賞とは無縁だと思っていた。取れるとは思っていなかったので本当にうれしい」と喜んだ。

 また打者部門で初受賞となった万波は5月だけで7本塁打、打率2割6分7厘をマークし、プロ入り後、初のタイトルを手にした。こちらも「プロ野球で初めて何か(タイトルを)取れたというのは本当にうれしく思います」と初々しいコメントを残した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧