新庄ハム 続投も次々と「目玉プラン」が頓挫 背景にある「不信感」とは

タグ: , , , , 2022/10/7

(C)CoCoKARAnext

 日本ハムは6日、新庄剛志監督(50)と契約更新で合意し、来季の続投を正式に発表した。契約は1年となる。

 川村浩二球団社長は「最下位という結果でファンに大変悔しい思いをさせたが、来季は勝負に徹しきるという固い決意も確認し、チームの指揮を要請した」とコメント。今季は「トライアウト」と位置づけ、故障者を除く全支配下選手を1軍で起用して、戦力の底上げを図る一方で、開幕から最下位が「定位置」となっていた。

【関連記事】巨人・阿部ヘッド誕生も「受難の船出」 本人が漏らしていた「あの不安」とは






 「優勝は目指さない」と公言して戦った就任1年目とは変わり、いよいよ来季は激しいペナントレースの争いに加わることになる。

 一方で59勝81敗3分けで9年ぶりの最下位に沈んだチームを浮上させることは容易ではないが、足もとでは不安材料が出てきている。

 新庄監督から今オフの捕手コンバートの可能性を告げられていた野村佑希内野手(22)は千葉・鎌ケ谷での秋季練習に参加した際に改めて来季は「4番・三塁」を目指すと宣言。

 秋季練習で捕手練習の予定はないとした上で「(その後は)聞いていないし、そんな(捕手コンバートは)簡単なことじゃない。三塁を勝ち取れるのが一番」と話し、改めて捕手コンバートに難色を示した形だ。

 新庄監督は同プランについて「正捕手は寿命が長い」「配球も覚えてくれたら」と選択肢を広げる意味でオフの捕手挑戦を命じていた。

 ほかにも新庄監督のプランで頓挫しそうなものはいくつかある。

 「最後の札幌ドームのセレモニーで早くも来季の開幕投手に左腕の加藤を指名しましたが、本人も『途中で(監督の)気が変わるかもしれない』と半信半疑です。新庄監督はプランを次々とぶち上げますが、どこまで本気で言っているのか、選手もとまどっている部分があるようです」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧