日本では規定打席到達は一度もなかった、大谷翔平の常軌を逸した規定投球回&規定打席のダブル到達

タグ: , , , 2022/10/7

(C)Getty Images

 エンゼルス・大谷翔平が本格的な投打二刀流のシーズンを完走させた。レギュラーシーズン最終戦となった5日のアスレチックス戦に先発して、5回1安打1失点。9敗目を喫したが、1回を終えた時点で今季の規定投球回(162回)に到達した。既に8月下旬に規定打席(502打席)に達しており、史上初の規定投球回&規定打席のダブル到達を成し遂げた。

【関連記事】偉業達成の大谷翔平とジャッジによるMVP争いに米放送局が見解「2人同時受賞の可能性も」






 昨年は639打席に立ち、自身メジャー初の規定打席はクリアしていたが、投球回は130回1/3にとどまり、規定投球回には31回2/3も足りなかった。特に「投手」としての進化が目立ったメジャー5年目。それを裏付ける結果となった。

 大谷自身は規定投球回、規定打席について「本来はこだわりはない」と明かした。それでも「目指す数字なのか、やってみないと分からない。それが分かったのは、良かったかなと思います」と快挙達成についての感想を口にしたという。

 今季は8月に、昨年はあと1勝届かなかった1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来、104年ぶり2度目となる2桁勝利&2桁本塁打を達成。それ以上に難しいダブル規定に、最終戦で届いてみせた。

 なおルースの1918年は第1次世界大戦の影響を受けてシーズンが大幅に短縮された。レッドソックスは126試合で、規定投球回は126、規定打席は390。投手として13勝を挙げたルースは166回1/3を投げて規定投球回はクリアしたが、11本塁打で本塁打王となった打撃では382打席で、規定にあと8打席足りなかった。規定投球回や規定打席といった概念は1950年代に定着したとされており、当時のルースたちがその数字を気にすることも一切なかったものと思われる。

 メジャーリーグの舞台において、ダブル規定到達という離れ業をやってのけた大谷。もっとも、NPB時代においてもダブル規定到達は夢の領域だったどころか、日本ハムでの5年間で規定打席に到達したことはただの一度もなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧