偉業達成の大谷翔平とジャッジによるMVP争いに米放送局が見解「2人同時受賞の可能性も」

タグ: , , , , 2022/10/6

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地10月5日(日本時間6日)のアスレチックスとの最終戦に登板し、史上初の投打による「ダブル規定」クリアという偉業を成し遂げ、米国内でも大きな話題を呼んでいる。

 それにより、ヤンキースのアーロン・ジャッジとのMVP争いがさらに混迷を極めることも間違いないだろう。米スポーツメディア『FOX SPORTS』でも、5日の公式戦終了後、ジャッジと大谷によるMVPトピックを配信し、その行方を占っている。

【関連記事】巨人・阿部ヘッド誕生も「受難の船出」 本人が漏らしていた「あの不安」とは






 その中では「ア・リーグMVPは、アーロン・ジャッジかショウヘイ・オオタニのどちらかが受賞することになり、僅差の3位は存在しない」として、両者の一騎打ちであることを強調。さらに「この賞の運命は、ア・リーグの各都市から2名の代表者を含む30名の投票者の手に委ねられている」と、投票方式に触れながら「誰が受賞すべきかを決めるのは、ほとんど不可能だ」と見解を述べた。

 そしてMVPを争う二人の成績にも「ジャッジは、火曜日の夜に62本目のホームランを打ち、ロジャー・マリスの1シーズン最多ホームラン記録を更新した」「出塁率、打率、打点、OPS+でメジャーをリードしながら、シーズン最終戦まで三冠王争いに加わっていた」としてジャッジの今季の実績を記し、大谷には「しかし、オオタニはやはりユニコーンである。『和製ベーブ・ルース』であるだけでなくルースが成し遂げられなかったことをやってのけているのだ」として二刀流での偉業を称えた。

 さらに最終戦の登板も踏まえ「今シーズン、オオタニはMLBの打者と投手のリーダーボードに登録された最初の選手となった。これは信じられないことであり、彼はその両方においてエリートである」と賛辞を贈っている。

 加えて同メディアは「今では、オオタニが両方うまくやるなら、毎年MVPになるべきだという陣営もたくさんいる」と指摘。一方で「しかし、それは “最も価値のある選手 “なのか?それとも最高のチームでの最高の選手なのか?単に数字が一番良い選手なのか?毎年変わっているような気がする」とMVP選出の意味について問いかけ、その上でトピックの終わりに、以下の様な見込みを綴った。

「同点になる可能性があることを念頭に置くべきだ。1位票を15票ずつ分けることもできる。1979年のウィリー・スターゲルとキース・ヘルナンデス以来、2人の受賞もあるかもしれない」

 レベルの高さゆえ様々な可能性が論じられる大谷とジャッジのMVP争い。受賞者発表の瞬間まで議論は続いて行きそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】日本では規定打席到達は一度もなかった、大谷翔平の常軌を逸した規定投球回&規定打席のダブル到達

【関連記事】原巨人 「勝利至上主義」でふるい落とされる「選手の名前」

【関連記事】新庄ハム 続投も次々と「目玉プラン」が頓挫 背景にある「不信感」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧