G党緊急討論!ドラフト1位は大船渡・佐々木か星稜・奥川か、即戦力の明治大・森下か

タグ: , 2019/9/5

 5年ぶりのリーグ優勝へと突き進む読売ジャイアンツ。4年ぶりに指揮官へと復帰した原監督のもと、歓喜のゴールテープは刻一刻と近づいていますが、ファンの関心事はグラウンドの中だけにとどまりません。

狙うは先発投手?

 運命の「10・17」-。そう。ドラフト会議です。巨人はどんな指名戦略で未来のチームを編成しようとしているのか。ここまで1位は明言していませんが、おそらく投手でしょう。今季は優位にペナントレースを勝ち進んできましたが、先発ローテーションを担う投手も不足していますし、絶対的な守護神も確立できていません。

 そんなわけで今回は3人の熱狂的G党に集まっていただき、1位をどの投手でいくか、討論していただきました。

1位指名はズバリ?


A(40代男性・銀行マン)
B(30代男性・高校教諭)
C(20代女性・大学生)

-まず1位は誰で行くのか、皆さんのご意見を聞かせて下さい。

A 大船渡の佐々木朗希、一択でしょう。その年のナンバーワンに行くのは古来より巨人軍の伝統ですから。「ポスト菅野」として、未来のエースに成長してほしいと願っています。

B 僕は奥川恭伸を推しますね。夏の甲子園、智弁和歌山との熱投で確信しました。やはり巨人のエースには、甲子園のスターが似合います。江川さんも定岡さんも水野さんも桑田さんもそうでした。

C 私は明治大の森下暢仁君を指名すべきだと思っています。だって、今の先発陣を見ていたら、全然揃っていないじゃないですか。規定投球回数に達しているのは菅野さん、山口さんだけです。桜井さんの覚醒は今季のうれしい誤算でしたけど、来年はどうなるか未知数ですし…。

A Cさん、悲観的すぎませんか(笑)。

B まだリーグ優勝もCSも日本シリーズもこれからなのに、来季のローテーションの心配をしているとは…。

C (小声で)だって、実力のある投手がマウンドに立たないと、また評論家に小林君がディスられちゃうんですよ。「負けたのは小林のリードが悪いからだ」って。菅野さんや山口さんをしっかり勝たせることに関しては、小林君は安定した実力を誇っています。来季、森下君なら間違いなく開幕ローテ入りして二桁勝利は間違いないでしょうし。

・合わせて読みたい→
巨人のトラウマ…FAの人的補償で失ったアイツ(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/trauma-of-the-giants/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧