原巨人 V奪回厳命で入閣がささやかれる「大物OBの名前」

タグ: , , , 2022/10/4

(C)Getty Images

 巨人の今シーズンの戦いが終わった。143試合を戦い、68勝72敗3分け。4位で5年ぶりのBクラスに沈んだ。

 「発掘と育成」を掲げて臨んだシーズン。8投手がプロ野球記録となる初勝利をあげるなどした一方で、中継ぎ陣では「勝利の方程式」が固定できず、打線も主砲の岡本和の不振が尾を引くなど、投打がかみ合わないままシーズンを終えた。

【関連記事】日ハム・近藤 流出濃厚な「理由」と「狙う球団」






 原監督は「まだすべてを総括する余裕はない。一言で言うと悔しい。うまくかみ合わなかった。非常に苦しいシーズンだった。とにかく悔しい」と「悔しい」を繰り返した。

 屈辱にまみれたシーズン。3年連続のV逸は常勝軍団にとって許されない。すでに今オフはFA組を含め、大型補強に乗り出す方針を固めているが、「てこ入れ」はチームを率いるコーチ陣においても同様だ。

 水面下で入閣がささやかれているのは「ソフトバンクを常勝軍団へと導いた工藤公康氏です。在任中は確かなデータ分析を軸に、三軍まで有するソフトバンクの戦力を存分に生かし切った。発掘と育成を掲げながら、選手の育成面で苦戦しているチームにはうってつけの人材とあって、球団も熱視線を向けているとされます」(放送関係者)

 工藤氏はソフトバンク監督時代に7年で5度の日本一を達成、特に進出した日本シリーズではすべて日本一に輝いていることから「短期決戦の鬼」ともいわれている。原監督率いる巨人は2019年、20年に日本シリーズで工藤ソフトバンクと戦い、共に1勝もできずまさに「完敗」している。

 幅広い視点からなる育成手腕、豊富な戦力を生かす緻密な計算など現在のチームには足りないピースを多く備えているとあって、「優勝請負人」の工藤氏の動向に注目が高まっているという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧