原巨人 CSファイナルS「陰の戦犯」とは

タグ: , 2021/11/11

 CSファイナルステージ第1戦、ヤクルトと対戦した巨人は相手先発の奥川を攻略できず0―4と完敗。これでアドバンテージを含めて0勝2敗(4勝先取)といきなり苦しい立場に追い込まれた。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮 ダイエット指令も「真の矯正ポイント」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-diet/



 原監督が厳しい目を向けたのは先発の山口だった。初回、先頭塩見の二塁打から1死一、三塁のピンチを招くと、村上の打球は遊撃後方への飛球。坂本が苦しい体勢で捕球したところで三走塩見にタッチアップされ、先取点を奪われた。球場内がどよめく中、続くサンタナに初球のスライダーをあっさりと捉えられ、痛恨の2ランを許す。初回、いきなり3失点と重い展開。山口は3回表の攻撃時も3バント失敗といいところなく、4回で交代となった。

 先発の山口の内容について原監督は「まあまあ、なかなかちょっとフォローはできないよね」と厳しい表情。「結果的に最初の3点というのがね、やっぱり大きい3点になりましたね」と大事な試合で主導権を奪われる展開におかんむりだった。

 一方で打線もふがいなかった。2年目の奥川に対し、なすすべもなくこの大舞台で完封劇を許した。直球にスライダーとフォークを織り交ぜて、的を絞らせない右腕に対し、わずか6安打とチャンスらしいチャンスも作れず、完敗となった。





 中でも心配されるのは「3番・遊撃」で先発したキャプテン・坂本の状態だ。4回一死無走者の場面では3ボールから真ん中の直球を強引に打ちにいき、二ゴロに倒れるなど、この日は無安打に終わった。ここまでのCS3試合でも12打数1安打と完全にブレーキとなってしまっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧