ヤクルトに敗れ4位転落 阿部巨人を悩ます「5番打者問題」とロマン砲の「覚醒待ち」

タグ: , , , 2024/6/22

阿部監督も様々な手を打っているが、厳しい戦いが続く(C)TakamotoTOKUHARA/CoCoKARAnext

 巨人はリーグ戦再開となった6月21日のヤクルト戦(東京ドーム)に2-4と敗れ貯金0。勝率5割で並んだDeNAに勝利数で及ばず、4位転落となった。

【動画】痛い1発 戸郷がヤクルト山田に5号ソロを浴びたシーン





 先発した戸郷翔征は立ち上がりをヤクルト打線に攻められた。

 初回先頭の西川遥輝に二塁打を許し、続く丸山和郁に犠打を決められ、一死三塁の形を作られると長岡秀樹に適時打を浴び、あっという間に先制を許した。さらに4回には山田哲人に二死走者なしから高めフォークを捉えられ、左翼スタンドへ運ばれた。さらに6回一死一、三塁の場面では中村悠平にスクイズを決められ、3点目を失った。6回6安打3失点で4敗目を喫した。

 一方、苦しかったのは打線も同様だった。リ・スタートとなったリーグ戦再開、注目された打順は1番は変わらず丸佳浩、2番に立岡宗一郎、3番に交流戦好調だったエリエ・ヘルナンデス、5番に吉川尚輝という並びとなった。

 吉川にとってはプロ初の5番、交流戦では全体2位の得点圏打率「.467」をマークしたことから最近のチーム課題である5番打者問題をいかに前に進められるかが注目されたが、3打数無安打と結果を示せなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧