原巨人 OBから指摘された「前半戦失速」の「戦犯」とは

タグ: , , , 2022/7/25

 果たして食い下がれるか。巨人はコロナ禍に見舞われ、前半最終戦の中日3連戦を中止。前半戦は96試合を戦い、45勝50敗1分けの借金5、5位から後半戦に臨むことになった。首位争いはおろか、最下位まで現実味を帯びてきた今。前半戦の「誤算」は何だったのか。

【関連記事】矢野阪神 借金完済で2位浮上!V字回復の裏に「陰のキーマン」とは






 4月までは好調だった。赤星、山崎伊、大勢といった若手投手陣が躍動。主砲・岡本和も好調で、一時は首位を独走、貯金を11まで増やした時期もあった。しかし、4月下旬にキャプテン・坂本がプレー中の故障で離脱。時を同じくして、正二塁手の吉川も離脱したあたりから、雲行きが怪しくなってきた。ゴールデンウィークは1勝8敗と急失速。投打においてほころびが目立ち始めた。

 悲惨だったのはチームの「投壊」ぶり。現在の防御率4・09は12球団ワーストの数字。中でもリリーフ陣は出る選手がのきなみ打たれるとあって、首脳陣も頭を抱えている。

 この元凶としてささやかれているのは「昨年までチームを支えたリリーフ陣の鍵谷、中川が不在なことが大きい。回またぎもこなし、徹底してブルペンを支えた2人の不在が現在の状況につながっている」(球界関係者)

 25日付けの「スポーツ報知」では昨年までチーフ投手コーチを務めた宮本和知氏、前監督の高橋由伸氏、村田真一氏による前半戦振り返り対談を掲載。その中で宮本氏は投手陣が崩れた最大の要因として、「中川不在」が響いたと話している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧