岩手にまた新星!花巻東の怪物を倒した盛岡中央152キロ右腕・斎藤にプロが熱視線

タグ: , , , , 2022/7/24

 甲子園の主役候補でも、地方大会で姿を消してしまうのが夏の高校野球。大人の事情で不可解選考が頻発する春センバツと違って、負ければ終わりの夏の予選は、どの学校に対してもフェアで、非情だ。

【関連記事】大谷翔平、2年連続20号アーチの直後に、ネビン監督がまさかの退場「前の回のコールに不満が・・・」






 高校通算74本塁打の花巻東の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手の夏は不完全燃焼で終わった。23日の岩手県大会準決勝で盛岡中央に敗れ、優勝まであと2勝届かず。高校野球史上かつてないペースで本塁打を量産しているだけに、聖地でのプレーを楽しみにしていたファンは多かっただろう。

 だが、エンゼルス大谷翔平、ロッテ佐々木朗希らを育んだ岩手はなぜか、新たな怪物候補が次々と出てくるから不思議だ。岩手大会の大本命、花巻東を倒したのが、盛岡中央152キロ右腕、斎藤響介(3年)だった。

 177センチ72キロと細身の体ながら、最速は152キロ。奥玉真大監督が「軽自動車のボディーにF1のエンジンを積んでいる」という逸材。今夏に入って急成長し、3回戦の盛岡市立戦では150キロ台を連発。プロスカウトが見守る前で19三振を奪い、一躍ドラフト候補に浮上した。

 盛岡中央には、2人の偉大な先輩がいる。あこがれのプロで活躍する楽天の銀次。競技は違うが、スキー・ジャンプで2月の北京五輪ノーマルヒル金メダリスト、小林陵侑(25)の母校でもある。小林の影響?かはともかく、ジャンプトレーニングを取り入れて足腰とバランスを徹底して強化した斎藤が、抜群のスタミナで勝ち上がってきた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧