巨人・小林誠司の6月 ついに月間打率0割0分0厘 それでもチームに必要な理由

タグ: , , 2022/6/30

 巨人にとっては「魔の6月」だったかもしれません。

 月間成績は9勝13敗の借金4。6月7日の交流戦・西武戦(ベルーナドーム)から実に6カード連続勝ち越しなし。首位・ヤクルトとの差は開く一方で、ついに12ゲーム差もつけられてしまいました。

【関連記事】巨人・岡本和真、このままでは今季「無冠」に 最大の敵は味方の投手陣だった!?

 巨人担当記者は失速の理由をこう語ります。

 「打線は一時に比べて復調の気配を示していますが、野球は投手力。消化した試合数が多いとはいえ、ここまでの失点332は12球団ワーストです。ドラフト1位ルーキー・大勢を守護神として確立したものの、先発は試合を作れず、勝ちパターンの7回、8回も固定できない。そして何より、正捕手の不在も痛い。あの野村克也さんも『優勝チームに名捕手あり』と話していた通り、捕手は監督の分身ですからね」

 巨人の捕手と言えば、守備力は球界屈指の小林、打力に優れた大城、元気印の岸田にホープ・山瀬とタレントが豊富だったはず。何より、守備力に重きを置くなら、小林に託せばリード面、盗塁阻止の観点からも盤石であるはずです。

 しかし。

 前述の記者はこの6月、小林が不名誉な記録を打ち立てたと話すのです。





 「小林は結局、この6月を27打数ノーヒット、打率0割で終えました。投手ならともかく、ありえない成績です。何も3割打て、2割5分打てとも言っていない。それにしても投手が打席に立つセ・リーグで、打率0割はないですよ。捕手も打率0割だったら、『自動アウト』が2人いるようなもの。これでは相手投手を勢いづかせるだけです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧