「足りていないのは練習量」巨人コーチ就任の大久保博元氏、再建を託され指摘した問題点とは!?

タグ: , , , , 2023/1/11

(C)Getty Images

 昨シーズン4位に終わった巨人は、Bクラスからの脱却はもちろん、ペナント奪還を掲げて今季の戦いに挑む。今オフでは、FAやトレードなどによる選手獲得での大きな動きはみられないものの、かつてユニフォームを着て活躍したOBが新たにコーチングスタッフとして加わっている。

 その中の一人として、手腕に特に期待が寄せられているのが、一軍打撃チーフコーチに就任した大久保博元コーチだ。これまで、古巣の西武でも指導歴を持ち、楽天では監督としてチームの先頭に立った。その豊富な指導キャリアも買われ、巻き返しを図る巨人打撃陣の再建を担う。

【関連記事】「坂本は外せない」球界OBがWBC最終メンバーを予想!侍入りが噂されるヌートバーについては「いい選手。外国人のタイミングを知っているのは大きい」





 その大久保コーチが今オフ、秋季キャンプに参加した際の練習での様子や、これまで抱いていたチームの印象などを語った声が伝えられている。

 元阪神の下柳剛氏のYouTubeチャンネル『柳に風【下柳剛公式チャンネル】』において、1月6日更新の「【宿敵】下柳がデーブ大久保を直撃!! 巨人打撃コーチ就任で見えた巨人軍のリアル!! 原監督の驚きの口説き文句とは!?」にゲスト出演した大久保コーチは、巨人の現状への素直な感想の他、意外なコメントも口にしている。

 大久保コーチはチームの位置づけを「Bクラスにいるのはおかしい。優勝できるかどうか(でなければならない)」と述べており、投打とも戦力が揃っていると指摘。さらに「走塁も重要視していく」と今後のビジョンを明かしながら、打者では増田大輝松原聖弥の名を挙げ「足が速く、バッティングも良い。レギュラーを獲れる」と主張した。

 その上で、本塁打ばかりがフォーカスされてきたチームの問題点として「巨人は実は足の速い人間が試合で出せる実力が無いだけ」として、走力を生かし切れていなかったと分析。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧