原巨人 来季組閣をめぐって波紋 早くも浮上する「あの問題点」とは

タグ: , 2021/11/13

 巨人の2021年シーズンが終了した。ヤクルトとのCSファイナルSは1勝もできず、0勝2敗1分けと惨敗。3試合で計2得点と貧打線も足を引っ張った。

 レギュラーシーズンも終盤の10連敗に象徴されるように投打ともに戦力の底上げが必要となる中、注目を集めるのは来季のコーチ陣だ。このコーチ人事をめぐって波紋が広がっている。

・今すぐ読みたい→
巨人 CSファイナル惨敗の舞台裏 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-cs-crushing-defeat/



 来季は原監督を筆頭に元木ヘッドコーチ、阿部コーチのトロイカ体制が決定。一方、投手部門では宮本投手チーフコーチが退団してフロント入り。今季チーフコーチ補佐を務めた桑田真澄氏(53)が来季からチーフに昇格し、投手部門を統率することとなった。まずこのコーチ人事をめぐっては 「何といっても原監督にモノ言えるコーチがいるかということ。投手陣においては9月に入ってからの先発陣の中5日起用、リリーフ陣へのスクランブル起用が注目されましたが、結果として勝負どころに疲弊してしまいました。ムチにも入れどころがある。こういったチーム方針は全権監督である原監督が決めているとされます。とすれば、『少し違うな』と思ったときにしっかり意見を戦わせることができるコーチが求められます」(放送関係者)。

 監督が決めた方針に対してでも違うと感じたら「NO」としっかり言えるか。今季を振り返っても「石井コーチの退団劇にも象徴されるように、結局モノいうコーチは飛ばされる、冷遇されるとなれば、チームの風通しも悪くなってしまう。そこはしっかり改善すべきでしょうね」(同)





 昨季から1軍野手総合コーチとして活躍していた石井琢朗コーチは10月に三軍コーチに降格。これは不振だった丸の調整法をめぐって原監督と意見がぶつかったことも一因と見られている。その後、同コーチの退団が発表された。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧