「もっとガツガツしないと!」巨人・正捕手問題、阿部Cが小林、大城らに「ダメ出し」した理由とは

タグ: , , 2022/2/8

 昨季3位からV奪回を目指す巨人で大きな課題は正捕手問題にもある。昨季は大城が95試合に先発、同じく小林が27試合に先発と2捕手が主に併用で起用された。ただいずれも、リード、打撃面などに課題が指摘され、今季からは「第三の捕手」としてプロ5年目の岸田も加えて、3つ巴の争いが繰り広げられそうだ。

・今すぐ読みたい→
早くも「すきま風」?日ハム・新庄監督とコーチ陣との「微妙な関係」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsuyoshishinjo-subtle-relationship/



 一方でこの正捕手問題に関して、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチも強い危機感を抱いているという。元横浜、中日OBの谷繫元信氏のユーチューブチャンネル「谷繁ベースボールチャンネル」では2人の対談の様子が公開されている。今月初旬にアップされた動画の中で、谷繁氏に2人に足りない点を聞かれると、「まあ、ガツガツ感はないですかね。もう少しガツガツ色々なことに『野球に対して勝つために』とか、出してほしいなと思います」とコメント。貪欲に野球に取り組む姿勢をもっともっと見せてほしいと語った。

 根底には「ネクスト慎之助」が育ってない現状がある。大城、小林の2人とも先発出場は昨季も100試合に満たない。投手との相性なども加味され併用されているのが現状だが、本来であれば、捕手に関しては「120~130試合出られるようなレギュラーがいれば、うちは優勝できるんじゃないか」(阿部コーチ)という思いがある。

 実際に阿部コーチが正捕手として活躍した当時はリーグ3連覇を2度(2007~09、12~14)果たすなど、チームは黄金期を迎えた。





 正捕手というのはチームにとって正に扇の要。捕手の働き次第でチームの浮沈にも大きく関わってくるとあって、正捕手候補の2人の野球に取り組む姿勢がやや淡泊に見えて、歯がゆさを感じているというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧