G小林誠司に「最後通告」指揮官から「岸田を使う」と言わしめた舞台裏とは

タグ: , , 2022/1/7


 V奪回を目指す原巨人で正捕手争いに注目が集まっている。昨季は主に大城、小林との併用でシーズンを戦ったが、両選手ともに「及第点」は与えられず。特に正捕手候補と長年期待を集めながら、居場所を確立できない小林をめぐっては今季、周囲の目もより一層厳しさを増しそうだ。

・今すぐ読みたい→
原巨人 「レギュラー白紙」の裏でいよいよ追い込まれる「あの選手」の名前とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-regular-blank-paper/


 原監督から小林への厳しい言葉が飛び出したのは新春1月1日にラジオ日本で放送された「徳さん×原監督ジャイアンツドリームトーク2022」の番組内でのこと。同番組は長年巨人をウオッチしている徳光和夫さんが独自の視点で原監督にシーズン展望を聞くというもの。この中で原監督はナイン全員に「12球団トップクラスの実力」を求めると共に、「4番・岡本」以外のレギュラー白紙化を打ち出すなど、V奪回を目指す上で各選手の自覚をうながし、力の底上げを求めた。

 そして注目される正捕手争いについても言及。小林、大城の2捕手に対して「そこそこのものはやってくれる」としながら、「では12球団1になるの?というと物足りないな」とバッサリ。その上で「今年は岸田を使おうと思っています」と今季から捕手のエースナンバーである「27」を背負うことになったプロ5年目の岸田の積極起用を明言してみせたのだ。





 背景には指揮官が発した言葉通り、正捕手争いを繰り広げた2人に対しての物足りなさがあるという。

 「大城に関しては打てる捕手として打撃の良さは認められながらも、肝心のリード面がまだまだ成長が必要。一方の小林は近年言われ続けているが、まず打率0割台ではセ・リーグで戦ったいくのは本当に厳しい。本来ならば巨人はドラフトでも捕手を獲って育てていくべきだったが、それもできなかったとなれば、トレード、もしくは現有戦力で戦っていくしかない。今いる選手の尻を叩くしかないということでしょう」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧