原巨人 大物助っ人獲得でいよいよピンチとなる「あの選手」とは

タグ: , , , 2022/1/5


 巨人が新外国人として、メジャー通算96発のグレゴリー・ポランコ外野手(30=前ブルージェイズ傘下)を獲得することが分かった。左投げ左打ち、196センチ、108キロの恵まれた体格からなる大砲候補にチームの命運を託すことになる。

・今すぐ読みたい→
原巨人 「レギュラー白紙」の裏でいよいよ追い込まれる「あの選手」の名前とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-regular-blank-paper/


 いよいよ「当たり」となるか。昨年チームは新外国人として獲得したスモーク、テームズ、ハイネマンがすべて途中帰国とまれにみるハズレ年となった。シーズン終盤に大失速した要因にも挙げられたほど。

 そして迎えた新たな年、獲得が決まったポランコはパイレーツで14年にメジャーデビューすると17年から5年総額3500万ドル(約40億円)の大型契約を結ぶなど、スター選手として歩んできた。18年にはキャリアハイとなる23発をマークするなど、パワーとともに注目を集めるのは通算98盗塁の快足にもある。17年のWBCではドミニカ共和国代表として大会ベストナインにも選出されるなど、年齢的にも30歳とまだ若く、日本の野球に順応できれば、十分活躍できると見られている。

 そして気になる打順といえば、5番が濃厚だ。原監督はチームの課題として「1番と5番を務められる打者」を求めており、サカ・マル・オカ(坂本、丸、岡本和)の後を打つクリーンアップ候補として期待がかかる。左打ちのポランコが5番に入ることで、左右ジグザグの打線を組めることもメリットだ。





 またポランコ加入でいよいよピンチとなりそうなのが、中田だ。昨年8月に日本ハムから電撃トレードで加入した当初は5番に入ることが多かった。チームからはパ・リーグ打点王に輝いた勝負強さ、ポイントゲッターとしての役割を期待されるも2度の二軍落ちなど、打撃不振に苦しんだ。ポランコ加入により、5番争いの激化、さらに6番争いまで予想されるも、こちらもベテランの中島や期待の若手、秋広などが控える。本人も厳しい立場を自覚、復活を期すシーズンであるが、相当気合を入れないと、いよいよ居場所がなくなってしまいそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧