「とにかく飽きない」 巨人放出が未だに悔やまれる「名コーチの名前」

タグ: , , , , 2022/12/8

 今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人では主力の不振、故障などの「誤算」に加え、若手、中堅選手の伸び悩みも目立った。

 そんなシーズンにおいて「あのコーチがいてくれたら」と今でも放出が悔やまれているコーチがいる。

【関連記事】原巨人 「年俸2億の育成選手」が物議 「身内」からも批判集める理由






 2021シーズンでチームを去った石井琢朗氏(現DeNA一軍チーフ打撃コーチ)だ。石井コーチといえば、指導者のキャリアを広島からスタートさせ、その後、ヤクルト、巨人と渡り歩き、それぞれの球団で丸佳浩鈴木誠也村上宗隆などを育てた名伯楽として知られる。

 そんな石井コーチの指導者としての特徴について、ヤクルト時代にヘッドコーチとして共に戦った野球評論家の宮本慎也氏が語った。

 YouTubeチャンネル「野球いっかん」で3日までに更新された動画内で宮本氏は石井氏の指導スタイルに関して「飽きないよね」と表現。

 キャンプなどでは反復練習をやらせることも多く、「飽きてしまう」コーチも時にいたと証言した宮本氏。こういった練習を選手任せにするコーチもいる中、石井氏は常に真摯に選手と向き合い、練習に取り組ませたという。

 当時ヤクルトでは村上がルーキーとして入団した時代だったが、若手の早出にも付き合い、「ここはこういう練習、ここはこういう練習」(宮本氏)と練習の意図を各選手に伝えた上で技術向上を図っていた姿が印象的だったと語る。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧