原巨人 「年俸2億の育成選手」が物議 「身内」からも批判集める理由

タグ: , , , , 2022/12/6

(C)Getty Images

 労組・日本プロ野球選手会の定期大会(会沢翼会長=広島)が5日、大阪市内で開かれ、FA権取得年数短縮などの保留者制度改革について議論を行った。

 従来から選手会が主張し、議論の中心となった保留制度改革に関しては日本野球機構(NPB)と小委員会を設置し、話し合うことが決まっている。

【関連記事】新庄ハム 監督構想に「NO」を突きつけた「選手の名前」






 12球団との小委員会について会沢会長は「委員会に参加し、発言し、一致団結して戦っていくことが重要」と選手にも委員会の場に参加を促していく方針を示した。

 今後の方向性として選手会は同委員会の中で、FA権取得年数を国内、海外、大学社会人出身、高校出身の条件を問わず一律で6年とし、人的や金銭による補償を完全撤廃することなどを求めていく。

 一方、同会長が厳しい目を向けたのは、最近注目を集めている育成制度についてだった。同制度は本来、将来有望な選手の育成を目的として2005年に導入されたもの。しかし、近年は故障者を育成契約に切り替えて支配下登録枠を空ける、またFA移籍に伴う人的補償の「プロテクト外し」など、従来の目的と違う形の事例が目立っていた。

 最近では巨人のFA砲、梶谷が故障の影響で年俸2億円のまま育成選手となったことも話題となった。

 会沢会長は「本来の目的以外に使われていることが多々、目立っている。ルールの下で戦うのがプロ野球。ルールをねじ曲げることがあってはならない」と語気を強めた。

 NPBとの小委員会の中で今後は育成制度の運用方法についても是正を求めていく方針だという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧