原巨人 「年俸2億の育成選手」に指揮官が漏らした「本音」

タグ: , , , , 2022/12/1

(C)Getty Images

 意地を見せられるか。巨人梶谷隆幸外野手(34)が30日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2億円でサインした。

 昨年10月に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、今年5月には左膝内側半月板の手術を行い、今季出場はなかった。チームが苦しむ中、力になれなかったことで「取っていただいて、チームに申し訳ないという思いが強い。とにかくケガを治してチームのために全力を尽くすだけ。2年間働けていないので、ジャイアンツのために仕事をしたい」と神妙な表情を崩さなかった。

【関連記事】原巨人 「こいつが出てくるの?」若手がこぞって「外野シフト」に走る理由






 DeNAから2020年オフにFA移籍、4年契約を結ぶ中、2年目シーズンが一軍出場なしとなった。育成選手から再出発となったことも話題を呼んだ。現在はジャイアンツ球場でリハビリに励んでいるが針のむしろ状態が続いている。

 すでにオフに入ってからは外野手ばかりか、増田陸増田大といった、本来内野手の選手が外野での定位置獲りを目指すと続々と宣言している。不動のセンターだった丸を右翼へコンバートするプランも進むなど、V奪回へ向け、着々と「血の入れ替え」が進む中でここ2年働いていない梶谷に向けられる目も厳しさを増している。

 
 それを示したのが指揮官だった。元巨人で原監督の腹心としてヘッドコーチも務めた岡崎郁氏の公式YouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」にシーズンオフに入って出演した「原監督による2022年ジャイアンツ総括 坂本勇人の処遇を語る」の回の中で、原監督はシーズンを振り返って「監督史上、いちばん悔しいシーズンだった」と率直な心情を明かした。主力、中堅選手に対して「だらしなかった」と断罪した上で、さらに故障で一軍出場がなかった梶谷について言及する場面もあった。

 来季へ向けての戦力補強について話題が及ぶ中、本来トップバッターとしての役割を期待した梶谷について「今のところ梶谷はもう、けがを治しに(球場に)来ているみたいな感じだから」と苦笑いで語る場面があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧