原巨人「外野ならいけるんじゃないか」 若手がターゲットに狙う「選手の名前」

タグ: , , , , , , 2022/11/28

(C)Getty Images

 巨人の若手の期待株・増田陸内野手(22)が27日、来季は外野でレギュラー獲りを目指すと宣言した。

 27日によみうりランドで開かれたイベントに参加した増田陸は「来年は外野でレギュラーを絶対に取ります!」とトークショーでファンを前に堂々と宣言した。今季は69試合に出場し、打率・250、5本塁打、16打点。育成から再び支配下を勝ち取り、存在感をアピールした1年となった。

【関連記事】巨人 若手投手陣が「脱・桑田コーチ」を打ち出す理由






 さらなる飛躍、定位置奪取のために定めたターゲットが「外野手」だった。今季は一塁など内野中心で出場したが、一塁にはゴールデン・グラブを獲得した中田もいる。二塁には吉川、遊撃、坂本、三塁、岡本和とレギュラー陣ががっちり固める内野よりは、外野のほうがつけ入るスキがあると見ている。増田陸はこの点に関してこう語っている。

 「実際、考えてみれば内野は層が厚い。外野ならいけるんじゃないか。自分の中では、内野より外野のほうが送球はいいなというのはある。試合に出たい。1打席もらえないと結果もないですし。何とか1打席をものにできるように」とレギュラー獲りへ強い意欲を示した。

 秋季練習からすでに外野練習には取り組み、原監督も増田陸には「中堅」起用の構想を明かすなど、高い期待をかけている。

 また増田陸の外野コンバートが本格化することによって、うかうかしていられない選手もいる。

 「まずはセンターとしてチームを支えてきたです。今季もフル出場しましたが、監督は『丸がライトを守ってくれれば起用の幅が広がる』として、右翼を守らせる構想を公言しています。来季は丸にとっても正念場となる年です」(放送関係者)

 18年オフに広島からFA移籍、来季は5年契約の最終年を迎える。「優勝請負人」として移籍後、ここ2年はV逸しているとあって、本人にとっても一層の気合が入るシーズンとなりそうだ。 

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧