「佐藤輝明は助っ人」金村義明が巨人VS阪神の戦力を分析

タグ: , , , , , 2021/5/4

 プロ野球において「伝統の一戦」と表される、巨人と阪神の試合。プロ野球創立当初から「ライバル球団」として、これまで数々の名勝負を繰り広げてきた両球団。

そんな巨人と阪神について、球界のレジェンド・金村義明さんが、元フジテレビアナウンサーで現在はスポーツアンカーとして活躍する田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube動画「田中大貴のアスリートチャンネル」内で、今シーズンの両チームの戦力比較を行った。

・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/






投手陣で優位なのは・・・


今回今年の巨人と阪神について、「先発投手陣」「リリーフ陣」「キャッチャー」「打撃力」の4つを、金村さんによって見解が述べられた。

まずは先発投手陣。

「これに関しては阪神の方がやや上ですかね。FA加入した井納が、名古屋ドームで投げて即二軍落ち。これは尾を引きそうですよね・・・。FAって特別な気持ちになるし、やらなきゃいけないって気持ちになるんでね。
一方で阪神は、投手力のチームなのでね。秋山が安定していますし、ファームにもまだタクさんいるので、7枚8枚といけそうですよね。」

先発陣の比較では阪神優位とした金村さん。

その先発陣の後を受けるリリーフ陣の評価については

「こちらも阪神の方がやや上ですかね。巨人はちょっとここ2年の疲れも出ているはずなんですよね。中川も、オープン戦は良かったものの、開幕後のボールはもう一つキレがないのかなという感じがします。
一方阪神は、スアレスの残留が大きいですよね。そこから逆算できますし、藤川球児が抜けたとはいえ結構充実していると思いますよ。」

と、こちらもスアレスをはじめ、阪神のリリーフ層の厚さを評価した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧