名将・マドン監督が大谷に託す「思い」とは・・・

タグ: , , , 2021/5/3

 リアル二刀流で3年ぶりに投手として勝ち星を挙げたエンゼルス・大谷翔平投手(26)が激動の10連戦を終えた。締めくくりとなった28日(日本時間29日)のレンジャーズ戦は「2番・DH」で出場し、4打数1安打。2回には左翼フェンス最上部を直撃するなど、逆方向への打球も飛び出しいよいよ、手のつけられない状態になってきた。

・今すぐ読みたい→
大谷2年9億円で合意!ゴネて当然のメジャーと「ゴネ損」にしかならないプロ野球 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-agreement/



 24日のアストロズ戦ではメジャーでは自身初となる左翼守備につき、打ってはホームランキング争いを繰り広げ、26日のレンジャーズ戦では3年ぶりに投手として白星を挙げるなど、日米球界の話題を独占し続けている。

 また、ここまで順調にきているリアル二刀流の実現にはマドン監督の存在が大きい。シーズン前から大谷と起用法について細かく意見交換をしたうえで最大限に本人の意思を尊重している。今季2度目の投打同時出場となった26日の翌日の試合では休養も考えられたが、本人は「打者」としての出場をマドン監督に直訴。体調が良い限りは本人の意向を優先させる方針の同監督も出場を認めた。

 同監督は大谷の起用について「とにかく最後まで(二刀流について)試してみようと話している。対話を基にそこから正しい選択をしていきたいと思っている。今は彼の力強さを感じている」と今後も慎重に状態を見極めていく構えだ。





 メジャーでは今だシーズンを通してプレーできていない大谷をどう投打にわたってブレイクさせていくか。それによってチームの勝敗にも大きく関わるとあってマドン監督の手腕に注目が高まる。そんな指揮官の「本音」を解き明かしてみせるのはレイズで共に戦った経験を持つ岩村明憲氏(現・福島レッドホープ監督)だ。

 昨年からエンゼルスの指揮を執る同監督について「マドン監督にとってはエンゼルスに来るというのは特別な意味があったと思う」と語る。現役時代はカリフォルニア・エンゼルスのマイナーで捕手としてプレーをしたもののメジャー昇格は果たせず引退。その後、エンゼルスではスカウト、マイナーリーグの監督などを経て、マイク・ソーシア監督の下でベンチコーチを務め、2002年のワールドシリーズ制覇に貢献した。選手、監督、コーチとしてのキャリアを含め、すべてがエンゼルスから始まっているとあって、思い入れが強いというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧