大谷2年9億円で合意!ゴネて当然のメジャーと「ゴネ損」にしかならないプロ野球

タグ: , , 2021/2/10

 エンゼルス大谷翔平投手(26)が年俸調停を回避し、2年850万ドル(8億9250万円)で合意したと9日、球団が発表した。米メディアによると、年俸は推定で今季300万ドル(3億1500万円)、来季550万ドル(5億7750万円)。

・今すぐ読みたい→
金村義明が激白!プロ野球の年俸事情さらに「裏契約」について語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshiakikanemura-annual-salary-episode/



  投打二刀流の挑戦で大きな注目を集めた大谷の年俸は、メジャー1年目が54.5万ドル(5720万円)。2年目は65万ドル(6825万円)、3年目は70万ドル(7350万円)にとどまっていた。メジャー通算成績は打者が254試合、打率.269、47本塁打、147打点。投手は12試合4勝3敗、防御率4.39。

 メジャー3年目を終えて年俸調停の権利を獲得した大谷の希望額は年俸330万ドル(3億4650万円)だった。球団提示額は250万ドル(2億6250万円)で80万ドル(8400万円)の開きがあり、年俸調停を申請した。週明けにも予定されていた調停委員会の前に双方で話し合い、結果的に大谷は希望額の倍以上を手にした形だ。

 契約更改交渉が決裂した場合に申請する「年俸調停」。メジャーでは選手側の当然の権利として、毎年100人以上が申請している。一方、日本では年俸調停までいった例が極めて少ない。外国人選手を含めて全7件、うち日本人選手は5人いる。





【年俸調停を行った日本人選手】

◆90年オフ 落合博満(中日)
選手希望額 2億7000万円
球団提示額 2億2000万円
調停額   2億2000万円

◆92年オフ  高木豊(横浜)
選手希望額 1億263万円
球団提示額 9330万円
調停額   9840万円

◆95年オフ 野村貴仁(オリックス)
選手希望額 6500万円
球団提示額 3900万円
調停額   3900万円

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧