メジャーかぶれの声封印?独走・原巨人の「メジャー流」采配とは

タグ: , , , , 2020/9/30

 プロ野球・巨人原辰徳監督(62)の「メジャー流」が止まらない。


 巨人は、9月いっぱいに設定された期限ギリギリとなる29日に「駆け込みトレード」を発表した。田中貴也捕手(28)を金銭トレードで楽天に放出。交換要員はなし。故障で捕手が不足する楽天からの打診に、原監督が快諾したという。

 田中は2軍で盗塁阻止率5割を超える強肩だが、巨人は大城、小林、炭谷、岸田と捕手層が厚く、今季1軍で出番はなかった。「使いたい戦力ではあったけど、貴也には大チャンス。やっぱり限られた年数の中での個人事業主というね。夢追い人であるということだよね」と原監督独特の言い回しで活躍を願った。

 トレードに積極的な石井一久GMの楽天とはこれで今季3件のトレードを成立させ、獲得したウィーラー、高梨が1軍戦力として生き生きと活躍している。7日はドラフト1位の沢村をロッテに送り出し、球界に衝撃を与えたばかり。シーズン中のトレードが4件という異例の多さは、大物選手のトレードも頻繁に行われるメジャーリーグを思わせる。

・今すぐ読みたい→
ロッテ・沢村が鮮烈デビュー 「飼い殺し」をやめた巨人が首位を独走しているのは偶然なのか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/marines-hirokazusawamura-debut/






 19年から第3次政権の指揮をとる原監督は「メジャー化計画」を推進。本拠地・東京ドームのマウンドをメジャー仕様の硬さに変更し、「2番打者最強説」で坂本を起用すると5年ぶりリーグ優勝の原動力となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧