ホークス の「中継ぎ事情」についてOB・攝津氏「僕がコーチなら・・・」

タグ: , , 2020/9/15

僕が投手コーチなら、高橋礼は先発で起用したい

今シーズンのホークスの中継ぎ陣を見てみると、昨年先発として12勝マークした高橋礼が、今年はここまで登板した30試合全てリリーフとしてフル回転。高橋礼の中継ぎ起用について攝津さんはこう話す。

「正直、ホークスの中継ぎメンバーをみると、能力的にも高橋なしでも十分充実していると感じていました。どちらかというと、先発陣が足りないという時期もあったので、そういう面でも先発で回した方が面白いのかないうのはシーズン初めから思っていましたね。ただ、連戦が続く中で、イニングが投げられるというのは大きいですよね。」

高橋がリリーフに回りながらも、しっかりと先発ローテーションが回り、首位に立てているホークス。やはり、それだけ選手層が厚いということなのだろうか。

「基本的にホークス はバッティングのチームというイメージがありますが、実際はピッチャー、守備のチーム。後ろにいいピッチャーが揃っているので、接戦をものに出来ている部分はあると思います。中継ぎ陣に関しては12球団を見てもトップクラスの防御率ですからね。」

現役時代は、新人王、沢村賞をはじめ、数多くのタイトルを獲得した攝津さん。そんな攝津さんが、投手コーチを務めるとしたら、高橋礼をどのように起用するか、聞いてみた。

「やはり先発で起用したいですね。ああいうアンダースローのピッチャーって、なかなか居ないですから。ホークスのピッチャー陣をみると、右ピッチャー左ピッチャーバランスよくいるものの、高橋のような変則ピッチャーがいると、相手としても戦い辛いのかなとは思います。」

3年ぶりの優勝へ向け、現在首位を走るホークス。

後半戦も連戦が続き、厳しい戦いが予想される中、いかに中継ぎ陣が踏ん張れるかが勝負のカギとなりそうだ。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
ホークス はなぜロッテに勝てない?元SB・攝津氏が考察「苦手意識はないものの・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/why-hawks-can-not-win-marines/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧