「ベンチと勝負するんじゃなく…」開幕3試合で無安打 巨人・坂本勇人に球界OBから指摘される「復活の方法」

タグ: , , , , 2023/4/3

(C)Kenta HARADA/CoCoKARAnext

 巨人は2日の中日戦(東京ドーム)に3-2と勝利。同点で迎えた8回に丸佳浩の決勝ホームランが飛び出し、9回は抑えの大勢が締め、開幕カードの勝ち越しを決めた。一方、坂本勇人の状態が心配されている。

 オープン戦は打率・111、22打席連続無安打など本塁打0で終了。不振のまま終わったことで開幕カードとなる中日戦での内容が注目されていたが、開幕3試合で未だ無安打となっている。

【関連記事】【巨人】早くもスタメン落ちが話題 オコエ瑠偉の「試練」





 心配されているのは内容の悪さにもある。「6番・遊撃」で先発出場した2日の試合では、2回の第1打席で空振り三振、5回には二ゴロ併殺、8回の右飛といずれも外角球で仕留められている。相手バッテリーも踏み込んでこないと見ているのか積極的に外角を攻めていたが、同じようなやられ方となった。

 一方、7回無死一、二塁で回ってきた打席では初球に送りバントを決めた。2年ぶりとなる坂本の送りバントに球場もどよめく中、しっかり決めて、その後の長野久義の適時打につなげた。

 原監督は試合後、坂本のバントについて当たり前の策としながら、1球でしっかり決めた坂本には「流れを出してくれましたね」と話した。

 すでに2000本安打も達成、球界屈指のスラッガーでもある坂本の不振に関しては球界内からも様々な考察の声が出ている。

 現役時代は大洋(現DeNA)で活躍、引退後は日本代表コーチも務めた野球解説者の高木豊氏は開幕前に更新した自身のユーチューブチャンネルで現在の坂本の状態について言及している。

 高木氏が坂本の復活のポイントについてまず挙げたのは「遠くに飛ばすことではなく打つこと、バットの芯に当てること」だとした。坂本は昨年、レギュラー獲得以来、キャリアワーストの成績に落ち込んだ。自身も飛ばす力が落ちていることを自覚し、キャンプ中から強い打球、飛ばすことを意識して取り組んできたが結果には結びついていない。こういった点も踏まえ、「飛ばそうとするからぶれるし、気持ちも乗らない」とした上で、次のファクターとして目を向けたのはメンタル面だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧