阿部巨人40勝1番乗り!首位奪取も注目集める 坂本勇人の”ポジション問題”とは

タグ: , , , , 2024/7/10

坂本は開幕からサードを守ってきた(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 巨人は7月9日の広島戦(マツダ)に5-3と勝利し、5連勝。鬼門のマツダスタジアムでは今季初勝利、セ・リーグ40勝1番乗りも果たし、首位に浮上した。

【動画】頼れる5番弾!大城がサイスニードから放った3号2ランシーン





 主砲・岡本和真の1発が大きかった。1点を追う4回一死一、三塁の場面、相手先発、森下暢仁の外角高めに浮いたカットボールを捉え、右翼席に運んだ。逆転の15号3ランでチームを勢いづけると3-3と同点に追いつかれた8回にも勝ち越しの犠飛を決め、この日は4打点。リーグトップタイの15号、50打点は単独トップのリーグ2冠と勝負の夏場に調子を上げてきた。

 この活躍には3番に入るエリエ・ヘルナンデスの貢献も大きかった。

 1点を追う4回一死一塁の場面で森下のカットボールを右前に運びチャンスメイク。一死一、三塁の形を作り、岡本の逆転3ランに結びつけた。ヘルナンデスは8回にもヒットを放ち、その後の岡本の犠飛につなげるなど、しっかり役目を果たしている。

 ここにきて貯金も今季最多タイの5と勢いがついているのは、打線の形が見えていることにもある。1番の丸佳浩から吉川尚輝、クリーンアップはヘルナンデス、岡本、大城卓三と1番から5番までが安定したパフォーマンスを示していることで、勝ち星を着実に重ねている。

 そしてそんなチームにまもなく合流しそうなのがベテランの坂本勇人だ。現在打撃不振でファーム調整中の坂本は9日に行われたイースタン・オイシックス戦(ジャイアンツ球場)に「2番・DH」で先発出場。2打数無安打1四球ながら、実戦感覚を養った。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧