楽天・田中将 かつての恩師が指摘する「勝てない理由」とは

タグ: , , , 2021/10/21

 楽天・田中将大投手(32)が苦しんでいる。17日の西武戦(楽天生命パーク)に先発した田中は今季最短となる4回2/3を8安打5失点で8敗目を喫した。降板後には珍しくグラブをベンチに叩きつける姿も見られるなど、感情を抑えられなかった。「もう全然、結果がすべてなので。こういう投球になってしまって悔しいです」と言葉をかみしめた。

・今すぐ読みたい→
楽天・田中将大にかつての恩師が指摘「大人のピッチングになったといえばいいが・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-talks-about-masahirotanaka/



 シーズン8敗はNPBでは自己ワースト、これで9試合連続白星なし。日本一に輝いた2013年以来の日本球界復帰でチームの力になりたいと活躍を誓ったが、苦しいシーズンを送っている。

 ここまで勝ち星から遠ざかっている要因はどこにあるのか。楽天で首脳陣としてプロ入り直後から田中将の投球を見守ってきた橋上秀樹氏(現BCリーグ・新潟アルビレックス・ベースボールクラブ監督)は今季の試合展開を振り返り、勝敗の分かれ目と考える3つのポイントをあげる。

 一つ目のポイントとしては「先制点を許す展開が多い」ことを指摘。橋上氏は田中が日本球界復帰するにあたり、ある点を懸念していたという。メジャー時代と同じく100球での降板をメドにしていることで「日本人バッターは粘る傾向にあるから。100球ということになると白黒つかない間に降板するということになりかねない」と見ていたというのだ。





 その懸念は現実のものとなる。勝ち星がつかない要因には「そこそこ試合作って6、7回まで投げているけど、明らかに援護点が少ない。逆をいえば、先に点を取られる。先取点を取られるイメージが強い」という。17日の試合も序盤は無失点に抑えていたが、四回2死一、二塁で川越に左前適時打を浴びて先制を許した。直近5試合で先制を許したのは3試合、ほかにも味方が先制した直後に点を奪われるという流れの悪さもあった。

 
 先制点を取られるデメリットとしては「勝敗のパーセンテージでいくとかなり(敗戦の)確率を高めるので、いくら1失点といっても、なかなか勝ちに結びつかないところはあるかな」とリズムの悪さにつながると指摘する。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧