「才能だけで“怪物”になったわけではない」大橋会長が語る井上尚弥の“黄金の思考”。学生時代の知られざる逸話とは

タグ: , , , 2022/6/5

強くなる――その1点に集中し、努力したからこそ、井上は“モンスター”と言われるボクサーになれたのだ。(C)Getty Images

 22戦22勝19KOという驚異の成績で世界を席巻する、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥。WBS同級王者ノニト・ドネアとの3団体統一戦に挑む、この男の強さの秘密はどこにあるのか。日本が誇る“モンスター”の「心技体」について、井上の所属ジム会長で、現役時代は「150年に1人の天才」と言われた元世界チャンピオン・大橋秀行氏が、2017年に語ったエピソードを改めて振り返る。

【関連記事】「バンタムの身体じゃない!」決戦直前の井上尚弥が披露した“鋼のボディ”にファン歓喜!「筋肉密度が上がってる」

 周りは井上尚弥というボクサーを「怪物」や「天才」と評価してくれています。

アマチュア時代に史上初の7冠を達成し、プロになってからも無敗。ジムの会長である私が言うのもおかしいですが、無類の強さをリング上で証明してくれているわけですから、彼の称賛が絶えないのは当然と言えば当然なのでしょう。

 でも、井上は決して順風満帆なボクサー人生を歩んでいるわけではありません。敗北や怪我を克服し、謙虚に努力を重ねているからこそ、今があるのです。

 そういった井上の資質を初めて感じたのは、彼がまだ学生の頃でした。

 小学生の時に試合を観たことはありましたが、実際に面識を持つようになったのは、中学3年生の井上が大橋ジムに初めて出稽古に来てからです。

 当時、東洋太平洋チャンピオンの八重樫東がスパーリングの相手をしたのですが、「中学生にしては強いですね」と彼が放った言葉が、父親の慎吾さんはとても気になったようで。そこから「尚弥はもっと強くならないとダメだ」とトレーニングに精を出したと言います。

 それは、井上親子が純粋に負けず嫌いだったこともあるでしょうが、私としては「強い相手がいるんだ」と肌で実感した喜びにも似た感情だったのではないか、と思いました。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧