松岡修造氏「錦織圭は大事な試合で勝てないというイメージから脱却する大会」、全米オープンテニスの見どころ

タグ: , , , 2019/8/30

 昨年は大坂なおみ選手が感動的な初優勝を果たした全米オープンテニス。2019シーズンも最後となるグランドスラム、全米オープンテニスが8月26日より開幕中。大会前には、WOWOWテニス解説者の松岡修造さんが、注目の錦織圭選手、大坂なおみ選手の優勝の可能性や見どころについて語った。

ビッグ3の年齢を重ねながら進化していくテニスに注目


——ウインブルドンで今シーズンのグランドスラムが3つ終わりました。今年のグランドスラムを振り返ってどう見ていますか?
松岡:日本人は今年最もグランドスラムを見たのではないでしょうか。僕の周りのテニスをしない人たちも、今年はテニスを見ていることが多かったという印象ですね。

——今年の全米オープンテニスで松岡さんが注目しているポイントはどこですか?
松岡:まずは、賞金の大きさについては外せないですね。テニスはどこまで上がっていくのだろうと感じます。賞金が大きくなっているということは、それだけ成功している、注目されているということなので、それはいいことだと思っています。全米オープンは、お客さんの集め方、テレビの放送の仕方、そういうものを含め毎年進化しているので、次は何を仕掛けてくるのか楽しみです。もちろん、大会のベースは選手や試合ですけど、エンターテインメント性のあるアメリカなので、より進化させるための舞台作りはとても勉強になる。そういったものが現場で見れるのが何よりですね。

——錦織圭選手はグランドスラム5大会連続でベスト8以上。調子がいいように思えますが、松岡さんはどう見ていますか?
松岡:怪我がどこまでの状態かというのはわかりませんが、グランドスラムの成績だけを見ると、とても安定感がある。とんでもない成績ですよ。しかも、去年は大きな怪我をして大会に出られなかった時期もあったなかで、これだけ早く、しっかりとカムバックしてきたことは素晴らしい。褒められるべき、評価されるべき結果です。ただ、日本人のなかでは、海外の人もそうかもしれないですが、「錦織圭は安定感あるけど、ビッグ3には勝てないよね」という、マイナスサイドも大きく膨らんでいると僕は理解しています。それは、錦織圭という選手は才能があって、優勝できると信じているからこそ生まれる気持ち。いくらベスト8に入っても、ビッグな選手に当たると勝てないという風に感じている方が多いのではないでしょうか。錦織圭自身の中にもそういう雰囲気はあるかもしれません。それを破るのが今大会であって欲しいと思っています。

——錦織選手は2014年に準優勝しています。全米オープンと相性がいいと言えますか?
松岡:彼は相性いいと言うでしょうね。ハードコートでバウンドが高く、ボールが軽くて弾む。そして13歳からアメリカのコートで育ってきている。錦織選手にとってプレーしやすい環境であることは間違いないですね。

——どうすれば錦織選手は優勝を狙えますか?
松岡:今までの流れを見ると、ウインブルドン以外は体力負けをしている印象がありました。ウインブルドンは体力は残っていましたが、芝の王者フェデラーのテニスに負けました。フェデラーに100%のテニスをされたら、誰も敵わない。でも、毎回フェデラーが100%のテニスをするかと言うと、そうではない。いくらでもチャンスは来ると思います。彼がやらなければならないことは、体力を残すなかでベスト8が最低条件。あとは相手がどんな状況、状態でやって来るかということも踏まえてプレーしなければいけない。テニスの質に関して言えば、錦織圭が変えないといけないことは一個もないです。暑い全米オープンですから、体力を残しながらベスト8圏内に入ってくるということを見失わずにやるということですね。

・合わせて読みたい→
錦織圭、2019年意気込みと出場予定試合 「トップ4、5の選手に勝つことを目標にしたい」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keinishikori-2019-enthusiasm/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧