松岡修造、全米OP一昨年女王の大坂なおみに激励!「メンタル面の強さが出ることを期待」

タグ: , , 2020/8/28

 テニスのグランドスラム(四大大会)、全米オープンテニス開催を前に日本テニス協会強化副本部長でWOWOWテニス解説者の松岡修造氏が、大会の見どころについて語った。

(c)WOWOW

・今すぐ読みたい→
「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声 https://cocokara-next.com/stress/voice-of-discouragement-to-the-press-conference/





 新型コロナウイルスの感染を防ぐために完全無観客での開催。ジャーナリストの立ち入りも制限され、コーチなど選手関係者の会場入りも最小限に抑えられるという、異例の大会になる今回の全米オープンテニス。まずは、松岡氏は大会全体をどのように見ているのだろうか。

「2万人以上収容のスタジアムの観客がゼロになるのですから、今回の全米オープンは『新しい大会』になるということです。テニス界にとっては本当に重要な大会になると思います。そしてこの大会は世界中から選手が集まってきます。来年の東京オリンピックをどのように開催したら良いのかを探る、大きなチャンスでもあります」と、コロナ禍での国際的なスポーツ大会の在り方のモデルになる大会だと言う松岡氏。全米オープンテニスは、テニス界だけでなく、他のスポーツ界からも大きな注目を浴びる大会になりそうだ。

 今回の大会は、男子ではナダル、フェデラーといったビックネームが、女子でもランキングトップのバーティ、昨年の優勝者であるアンドレスクが不参加となった。また、特例として、欠場しても昨年のポイントがそのまま残り、出場した選手は成績の良いほうのポイントが反映されることになっている。

「ナダルやフェデラーの不参加は寂しいですが、昨年振るわなかった選手にとっては、今回は大きなチャンスです。また、若手や例年だと優勝争いに加わらないような選手にとっても、絶好の機会と言えると思います。僕が現役選手だったら、こんな機会はめったにないので、出場しないという選択肢はないですね。」


 そんな中で、世界ランキング第1位のジョコビッチは出場を予定している。自身が主催したエキシビションの大会で新型コロナウイルスに感染したことは記憶に新しいが、その彼が出場することには大きな注目が集まりそうだ。

「新型コロナウイルスに感染したことで、彼に対する評価はマイナスになったのは確かでしょう。だからこそ、彼がどのようなメッセージを発信するのかにも注目しています。これで優勝したら、彼は本当にメンタルが強い選手だと思いますね」

 日本人選手では、錦織圭は欠場を発表しているが、男子では西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎、添田豪の出場が予定されている。

「6月の『チャレンジテニス』で西岡選手の試合を見たのですが、すごく良いテニスをしていました。何が良いかと言えば、自分から攻撃しているところです。メンタルも強いので、ドローにもよりますがベスト8に進出してもおかしくはありません」と、期待する選手として西岡の名前を挙げた。

 さらにダニエル太郎に関しては「コーチが変わったこともあり、何かのきっかけでブレークスルーすることができると思います。全米ではそのチャンスがあるのではないでしょうか」と大きな飛躍を期待していると言う。また、内山には「このような状況になったことは、彼には大きなチャンスだと思います。大会では彼の魅力であるネットプレーやサービスを生かしてほしい」と攻撃的なテニスを期待していると語る。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧