絶好調・ホンダが1988年以来の5連勝!悔やまれるホンダのF1からの「フェードアウト撤退」

タグ: , , , 2021/7/5

 ホンダがF1で33年ぶりの5連勝を果たした。4日に行われた第9戦オーストリアGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(23)=オランダ=が3戦連続ポールトゥウインをマークし、ライバルとなっているメルセデス勢を完膚なきまでにたたきのめした。ホンダの5連勝はアイルトン・セナ、アラン・プロストの2人で全16戦中15勝をもぎ取った1988年以来で、その年は11連勝を記録した。

オーストリアGPで3連勝をマークしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 「ポールポジションからスタートしたフェルスタッペン選手は、先週に続いて完璧にレースをコントロール下に置き、レッドブルにとってのホームレースで連勝という、また一つ記憶に残る勝利を挙げてくれました。いつもながら素晴らしいパフォーマンスだったと思います」。現場部門を預かるホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはコメント。レース後にはチームを代表して表彰台に上がり、フェルスタッペンと一緒にシャンパンファイトを繰り広げた。

 レッドブルリンクはオーストリアをルーツとするレッドブルのホームサーキット。中高速コーナーが主体で、エンジン全開率はイタリアGPのモンツァに次ぐ高さを誇るパワーサーキットだ。平均時速も230km近くで、レース時間も1時間23分54秒543とあっという間にゴールする。

 今季5勝目を挙げたフェルスタッペンは最後まで盤石の走りを続けた。危なげなくピット2回の作戦をこなして他を圧倒。「いい戦いができるとは予想していましたが、ここまでとは思っておらず、マシンはまるでレール上を走っているようでした。ドライブしていてとても気持ちよかったですし、どちらのタイヤコンパウンドでも素晴らしいペースでした」と振り返った。

 返すがえすも惜しまれるのは絶好調のホンダが今季を最後にF1の活動を終了することだ。昨年10月に正式発表し、2022年以降はレッドブルが立ち上げた「レッドブルパワートレインズ」が業務を委託することも決まった。が、どうやら完全撤退ではなく、「フェードアウト撤退」の道を選んだもようだ。





 英メディアなどによると、田辺TDは「レッドブルとホンダはプロジェクトを進めており、来年の意向をプロセスについても検討を続けている。詳細については言えないが、いい方向に向かっている」としたが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「2022年は移行期間。ホンダとはソフトランディングを模索している。22年はHRD―Sakura(ホンダのF1開発部門)で組み立てを続け、23年に新しい施設に引き継げるようにと考えている」と来季もホンダが間接的にF1活動を継続することを明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧