今年で最後となった「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」でイチローが子どもたちに送った言葉とは?

タグ: , , 2019/12/23

 今年3月に現役を引退したイチロー氏が22日、故郷の愛知県豊山町で「第24回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席した。これまでも閉会式で毎年、数々の金言、明言を残してきた同大会だが、引退により今年で最後になるという。

・今すぐ読みたい→
「イップス」になりやすい人とは?イチローも経験、克服に掛かった時間は?(https://cocokara-next.com/stress/person-to-become-the-yips/)

「今日1日を楽しく過ごそうとは毎日思っている」


 イチロー氏は小学生たちを前に2つのメッセージを送った。

 一つは「自分で自分自身を鍛えてほしい」。もう一つは「外に出て体験して感じて、価値観が変わる出来事を体験してほしい」といった内容だった。

 オリックス時代から、現役トップ選手としてプレーする中で、感じたものを子どもたちに伝える場として大切にしてきた。引退後、すぐにこの大会のことが頭をよぎったという。

 ではこれまで、どのような言葉をイチロー氏は伝えてきたのか。

 昨年は質疑応答の中で「イチロー・カレー伝説」に触れた。現役時代、イチロー氏は毎朝カレーを食べている、といった情報が流れて定着した。メディアの特集を発端に、ネット上のキュレーションサイトなどで伝播した。

 そのことについて自ら口を開いた。毎日行うことを子どもに問われ「毎日、僕がカレーを食べていると思っているみたいですけど、それは違います。365日食べていた時はありますけど」と明かした。「毎日、練習はしているわけではない。今日1日を楽しく過ごそうとは毎日思っている。それは毎日やっています」と答えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧