ノーヒットノーランを回避した巨人戦で「暗黙のルール」2つも発動

タグ: , , 2021/6/11

 プロ野球界にはルールブックに書かれていない「暗黙のルール」なるものが存在する。

 巨人が危うくノーヒットノーランをされそうになった9日オリックス戦(京セラドーム大阪)で、「暗黙のルール」が2つも粛々と実施されていたことにお気づきだろうか。

・今すぐ読みたい→
古巣巨人に復帰する山口俊に課せられる2つの関門とは・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shunyamaguchi-two-barriers/

【暗黙のルール①】


ノーヒットノーラン(完全試合や投手タイトルがかかった試合含む)など記録の継続中、バント安打を狙ってはいけない

 巨人はオリックス先発の2年目左腕・宮城大弥投手(19)に大苦戦。7回2死まで無安打、13三振1四球とほぼ完璧におさえ込まれていた。「暗黙のルール」は相手への敬意をこめた紳士協定。せっかくの大記録チャンスを、バント安打で阻止するような「せこい」マネはやめて、正々堂々と勝負しようということか。中盤以降は巨人にバントの構えをする選手はおらず、7回2死から岡本がソロ本塁打を放ち、屈辱を免れた。

 メジャーでは12年4月21日、ホワイトソックスのハンバー投手がノーヒットノーランを記録した試合で、6回2死からマリナーズ川崎宗則内野手がバント安打を試みた。結果は投ゴロでアウトだったが、川崎は「暗黙のルールを知らなかった。もしバントが決まっていたら、死球をぶつけられていた」と後から聞いて肝を冷やしたという。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧