日本フェンシング、男子エペ団体史上初金メダル! 改めて知っておきたいルールと「エペジ――ン」の由来とは

タグ: , , 2021/7/30


 東京五輪フェンシング男子エペ団体戦で日本がロシア・オリンピック委員会(ROC)を45―36で破り、男女を通じて日本フェンシング史上初の金メダルを獲得した。

 この種目でのメダルも初めてとなる快挙となった。日本は宇山賢(29=三菱電機)、山田優(27=自衛隊)、加納虹輝(23=JAL)の3人で決勝に挑み、終始強気にゲームを進めて、大金星を奪い取った。

 キーワードとなったのは「エペジ――ン」だった。フェンシング・エペ団体の愛称でもある、この造語は団体メンバーの一人であるベテランの見延和靖(34=ネクサス)がつけたものだった。





 エペの選手たちを指す「エペ陣」と、「周囲をジ――ンと感動させるようなプレーで団体でもメダルを取りたい」と願い名づけられたもの。名づけ親となった見延選手は決勝に出場ならなかったが、まさに「ジ――ンと感動させられる」熱戦の連続だった。

 世界ランキング8位の日本は初戦で米国に45―39で逆転勝ちしたことから始まり、準々決勝では世界1位で五輪3連覇中のフランスに45―44で競り勝ったことが最大のハイライトとなった。勢いのままに準決勝は韓国を45―38で撃破し、決勝のロシア戦に臨んだ。

 フェンシングでの日本勢のメダルは、2008年北京五輪男子フルーレ個人銀メダルの太田雄貴、12年ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダルに続き3つ目となった。

 最後を決めた加納選手は「今は信じられない気持ちでいっぱいです。夢みたいです」と笑顔をはじけさせた。

 また改めて注目を集めそうなフェンシング競技のおさらいもしておこう。基本は2人の選手が向かい合い、片手に持った剣で互いの有効面を攻防する競技。種目はフルーレ、エペ、サーブルの3種目がある。今回、団体で初金メダルとなった「エペ」とは頭の先から足の裏まで、全身が有効面。攻撃の優先権はないため先に突いた方に点が入り、同時突きも有効になるという特性がある。

・今すぐ読みたい→
「コンドーム」カヌー、バット&サーフィン「真っ二つ」・・・東京五輪ハプニング集 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tokyo-olympics-happening-collection/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧