日本代表の敗因は?南米メディアが後半の攻撃意識低下を指摘「盛り上がりに欠けたままPK戦で敗れた」

タグ: , , , , , 2022/12/6

(C)Getty Images

 12月6日、カタールワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、日本代表はクロアチア代表と対戦し、1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に敗れた。4度目の16強での戦いだったものの、またしてもベスト8選出はならなかった。

 グループステージからの勢いに乗り、3度目の「歓喜」を起こすべく挑んだ日本だったが、試合巧者クロアチアに地力の違いを見せつけられた。前半43分に前田大然のゴールで先制したものの後半10分、クロアチアのイヴァン・ペリシッチのヘディングシュートが日本のゴールネットを揺らす。相手を上回る高さを利用し、空中戦で同点に追いついた。

【関連記事】【W杯】なぜ日本は「16強の壁」を超えられなかったのか?元日本代表・福西崇史が検証「大会を通して成長は見えたが…」






 また、PK戦でも両国の差は明確に表れた。日本のキッカーとなった南野拓実三笘薫吉田麻也のPKはクロアチアのGKドミニク・リバコビッチがセーブ。3本とも完全にコースを読んでおり、「運」ではなく「実力」で勝り、ここでも日本を制している。

 前回大会ファイナリストの前に、力を出し切れないまま敗退となった日本代表。その試合結果は南米メディアも報じており、日本の奮闘を称えながらも状況を分析する冷静なコメントが並んでいる。

 コロンビアのニュースサイト『Semana』は、日本の試合レポートを配信しており、その中で「グループステージで健闘したものの、準優勝のクロアチアを上回ることができず、盛り上がりに欠けたままPK戦で敗退した」と内容を評した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧