【W杯】「見ていて歯痒かった」コスタリカ戦で無得点の日本代表に元W杯戦士も苦渋のコメント「前半に取っておくべきだった」

タグ: , , , , , 2022/11/28

(C)Getty Images

 サッカー日本代表は、カタールワールドカップ2戦目のコスタリカ代表戦に0-1で敗れ、今大会初黒星を喫した。この試合で日本は、シュート数では相手を大きく上回る14本を放つもゴールを割れず、逆にコスタリカは少ないチャンスを活かし得点に繋げるなど、対照的なゲーム展開となった。

 日本は、初戦のドイツ代表戦で見せたような攻撃での勢いは感じられず、守備でもバックラインでのパスミスから得点を奪われるなど、悔やまれる敗戦となってしまった。

【関連記事】【W杯】日本代表の歯がゆい敗戦に本田圭佑も「つらいよ、この負けは」。コスタリカは「あの勝ち方しかなかった」






 試合全体を通して、どこか消極的にも映ったこの日の日本の戦いぶりには、W杯出場経験のあるベテラン現役プレーヤーも、やるせなさを感じていたようだ。

 日本代表として2010年の南アフリカワールドカップに出場し、現在もJ3のY.S.C.C横浜に所属する松井大輔が、日本のゲーム翌日となる11月28日に自身のYouTubeチャンネル『松井大輔 / Daisuke Matsui』を更新、「【W杯速報】日本代表がコスタリカに敗北!!「全然、機能してない試合だった」スペイン戦は〇〇を修正しないと厳しい…」の中で、コスタリカ戦について思いのたけを語っている。

「最近でいちばん、イライラした試合になっちゃったね」

 冒頭より、そう語りながら敗戦の口惜しさを述べた松井氏。続けて前半戦の日本について「チャンスらしいチャンスは無かったし、シュートもそんなに打ってない。観ていてすごい歯痒かったね」と感想を述べた。

 また、コスタリカが序盤から守りを固めてきたことにも触れており「相手に5枚のラインを敷かれた場合、それをどうやって打開するのかというのか考えなきゃいけなかったと思う」として、ここでも日本の対応に苦言を呈している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧