【W杯】「今の力では・・・」コスタリカに負けた日本代表の現在地に名将がシビアな評価。代表OBは失点に「球際が緩い感じがした」

タグ: , , , , 2022/11/28

(C)Getty Images

 日本代表の敗戦を、OBたちはどう受け止めたのだろうか。

 11月27日、ワールドカップカタール大会のグループE第2戦が行われ、日本代表はコスタリカ代表と対戦。初戦のスペイン戦で大量7失点した相手を攻めあぐね、0-1の黒星を喫した。

【関連記事】【W杯】日本代表の歯がゆい敗戦に本田圭佑も「つらいよ、この負けは」。コスタリカは「あの勝ち方しかなかった」






 第1戦のドイツ戦で逆転勝利を収めた日本は、勝ってグループ突破に大きく前進するはずだった。しかし、この日の日本にドイツから2点を奪った勢いはなく、人数をかけて守りを固めるコスタリカを崩せない。そして、後半36分に自陣でのミスから先制点を与え、ゴールをこじ開けられないままタイムアップを迎えた。

「今の日本の力では、ああやってブロックを作られたら簡単には崩せない」

 試合をそう振り返ったのは、元日本代表監督の岡田武史氏だ。過去にサムライブルーを率いて2度のワールドカップを戦った名将は、『ABEMA』での解説で日本代表の現在地をシビアに分析し、さらに「リスクを犯して行くべきかと言えば、途中まではあの展開でよかったと思う」と戦いぶりを総括した。もちろん、0-1という結果に納得しているわけではない。ただ、コスタリカ戦は終わったこと。同氏は「済んだことを言っても仕方ない。次の試合にベストを尽くすだけ。日本代表がいい時は、ドイツ戦でもそうだったが、前からプレッシャーがかかっているとき。高い位置でプレッシャーに行けるか」と次戦のスペイン戦を見据えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧