【W杯】「浅野ヘボじゃなくなりました」元日本代表の闘莉王氏が「ヘボ」発言を撤回&謝罪!「もう少し早く入れても良かった」と三笘の起用法には注文も

タグ: , , , , , , , , , 2022/11/24

(C)Getty Images

 世界を沸かせた大金星に、日本代表OBもご満悦だ。

 森保一監督率いるサッカー日本代表は11月23日、カタールワールドカップ(W杯)のグループE初戦でドイツ代表と対戦。前半にPKで1失点したものの、後半に途中出場の堂安律浅野拓磨が得点を挙げ、2-1で逆転勝利を収めた。日本代表がワールドカップで逆転勝利を収めるのは初で、かつW杯優勝経験のあるドイツが相手とあって、世界が衝撃を受けている。

【ゴール動画】日本がドイツに歴史的逆転劇!堂安律の同点弾、浅野拓磨の逆転弾のシーンをチェック!






 この会心の勝利は、元日本代表DFにとっても衝撃だったようだ。2010年の南アフリカW杯に出場した田中マルクス闘莉王氏が自身のYouTubeチャンネルを更新し、「【緊急謝罪】「お詫びいたします!ヘボじゃない!ようやってくれた!」闘莉王がドイツ戦決勝弾のストライカーへのあの発言を全面撤回します」と題した配信で、快勝劇の喜びを語った。

 冒頭で「ヘイ!ヘイ!ヘイ!日本の皆さん、お元気ですか?」と嬉しそうな表情で切り出した闘莉王氏は、続けて神妙な顔で「お詫びいたします」と一言。以前の「浅野ヘボ」発言を撤回するとともに、「ようやってくれた。謝罪します。浅野ヘボじゃなくなりました」と決勝点の浅野を称えた。一方で、前田大然と上田綺世については、「他の二人はまだヘボです」と厳しめだったものの、日本の勝利が心底嬉しかったようで、終始表情は明るかった。

 試合展開については、「予想通りの展開から始まり、正直なところ持ったPKだったけど、それでも我慢してやってくれたのがいい結果につながった。2点目を取られなかったことで後半の逆転につながった」とDF出身らしく守備の我慢強さを評価。とりわけ、「最後まで安定したバックラインを先頭に立って引っ張ってくれたのが(吉田)麻也なのかな。非常にいい戦いをしてくれた」とリーダーシップを発揮した吉田のプレーに賛辞を送った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧