36年ぶり2度目となる禁断の日本シリーズ第8戦は実現するのか、由伸登板を願うオリファンの祈りも多数

タグ: , , , , , 2022/10/29

(C)ORIX Buffaloes

 2年続けて熱戦が繰り広げられているヤクルトオリックス日本シリーズ。ここ数年はソフトバンクがセ・リーグチームを一方的に下す展開が続いており、昨年のシリーズは「日本シリーズがこんなに面白いのは久しぶり」とファンを興奮のるつぼに導いた。今年は第5戦を終えて2勝2敗1分けの五分。歴代最高クラスの名シリーズと言われた昨年を、上回らんとする勢いすら感じさせている。

【関連記事】原巨人、投手陣が壊れた「理由」 かつての腹心コーチが指揮官の起用法に言及






 特にファンが熱い視線を注ぐのは、ここにきてにわかに現実味が増してきた第8戦の実現だ。第2戦はオリックス3点リードの9回に、ヤクルトの代打・内山壮真が起死回生の同点3ランをかっ飛ばすという劇的な展開で、延長12回の末にドロー。引き分けを1試合挟んだことで第8戦の可能性が浮上し、力が拮抗した五分の展開が禁断の決戦の予感をかき立てている。

 日本シリーズの試合方式は7試合制。どちらか一方のチームが4勝した時点で終了する、という大原則がある。間に引き分けをいくつ挟もうとも、そこは揺るがない。今年は1引き分けを挟んだことで、第7戦終了時に3勝3敗1分けで並ぶ可能性が出てきた。そうなった場合、過去に一度しか行われていない日本シリーズ第8戦が実現する。

 1950年から開催されてきた日本シリーズにおいて、史上唯一この第8戦までもつれたのが、1986年の西武対広島のシリーズだった。第1戦が延長14回の末に2-2の引き分け。第2戦以降は広島が3連勝し、日本一へ一気に王手をかけた。だが第5戦、西武は投手の工藤公康が延長12回にサヨナラ打を放つと、流れが一変する。そこから怒濤の3連勝。3勝3敗1分けで、雌雄を決する第8戦が開催された。

 迎えた第8戦、先制したのは広島だった。先発の金石昭人が3回に、東尾修から先制2ランを放った。だが6回、その金石は秋山幸二に同点2ランを浴び、世間を驚かせたバク宙ホームインを許す。8回には金石がブコビッチに決勝二塁打を打たれ、西武が4連勝で一気に頂点まで駆け抜けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧