F1の舞台で今季初勝利を挙げた、崖っぷち日本人ドライバーの「火事場のばか力」

タグ: , , 2020/8/18

 F1の舞台で2週連続で君が代がサーキット内に響き渡った。F1にはF2、F3と2つのフォーミュラシリーズが併催されている。そのF2で9日の第5戦レース2(英シルバーストーン)で角田裕毅がシリーズ初優勝を果たし、15日の第6戦レース1(スペイン・カタルーニャ)でGP2時代から参戦する松下信治が今季初勝利。通算7勝目を挙げた。

F2の今季初優勝を喜ぶ松下信治(F2提供)

・今すぐ読みたい→
F1ドライバーで初の新型コロナ感染者が その同情すべき「感染理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/f1-driver-new-corona-virus-infected/



 F2は日本のトップフォーミュラのスーパーフォーミュラとほぼ同じ格付けで、かつては欧州F2、国際F3000、GP2の名称で呼ばれた。同一シーズンで2人の日本人がシリーズに優勝するのは今季が初めてだ。もっとも日本人のシリーズ優勝第1号はGP2時代の2008年の小林可夢偉。わずか12年前だ。

 今年に入って松下がF2に継続参戦することを耳にして驚いた。昨年秋の時点で欧州での活動に終止符を打ち、日本のシリーズに戻るとの観測がレース関係者を中心に広がっていたからだ。

 日本では有力自動車メーカーがレーシングドライバーを養成する育成プログラムを設けている。松下もホンダの育成出身。鈴鹿サーキットのレーシングスクール「SRS―F」でスカラシップを獲得し、その後は全日本F3などのタイトルに輝き、2015年にGP2にステップアップした。





 F1デビューを果たすには運転が速いだけではダメなのはモータースポーツ業界の常識となっている。

 レース中にピットと英語でのコミュニケーションができ、マシンの善しあしやフィーリングを判断できるフィードバック能力に優れていることが肝心。さらに日本人の場合はメーカーのバックアップを受けている要素も重要。メーカーの育成資金で海外レースに参戦するチャンスがあり、武者修行しながら経験値を積むことができる。元F1選手で今も第一線で活躍するホンダ系の佐藤琢磨、トヨタ系の中嶋一貴、小林可夢偉らが好例だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧