あの「日本人メジャーリーガー」が新型コロナ感染…病状を公表するに至ったその理由とは

タグ: , , , 2020/7/17

 ついに日本人メジャーリーガーにも感染者が出てしまった。今季からマリナーズに移籍した平野佳寿投手は14日、共同通信社の取材に対して新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを明らかにした。

 検査結果が判明したのは6月25日のことだという。一時は39度の高熱があったが、現在は回復。7月6日の検査では陰性と診断され、メジャーリーグのガイドラインに沿って合流基準となる2度目の検査結果を待っているとのこと。





・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹さんが試合中に当時の王監督に激怒した事とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-furious/


 チームはこの日、平野を負傷者リスト(IL)に入れた。ただし、負傷理由は明らかにしなかった。これはメジャーリーグが定めた、新型コロナウイルスに関するIL入りのルールによるもの。その場合には病名などの負傷理由は、プライバシーの問題から公表してはならない、と決められたからだ。医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)」に従っての措置だという。

 野球とは無関係の疾病に関しては、理由を公表する権利が球団側には与えられていない。ただし、平野のケースを見ても明らかなように、IL入りの理由が明らかにされない際には、多くの関係者やファンはコロナウイルス感染症の可能性を疑うだろう。平野も当初は理由不明のIL入りが発表された。それから数時間を置いて、前述したように共同通信社の取材に対して自ら病状を明らかにした。

 この制度が明らかになった直後、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは「憶測が飛び交う状況になるだろう」と警鐘を鳴らしていた。「我々はIL入りの理由を話すことができないからだ」と。形骸化もはなはだしい状態で、多くの選手は平野のように自らカミングアウトせざるを得ない状況に追い込まれてしまう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧