よく耳にする日本投手の駆け込み寺、「ドライブライン」ってどんなところ?

タグ: , , , , 2022/12/19

(C)CoCoKARAnext

 メジャーリーグだけでなく、日本のプロ野球選手にとっても「駆け込み寺」としておなじみの存在となった。シーズンオフを迎え、シアトル近郊のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に足を運ぶ選手が後を絶たない。

 日本ハム上沢直之は、投球フォームなどの動作解析のために、12月上旬から数日間滞在。さまざまな動きを見直したところ、チェックポイントが見つかり、そこを改善すれば直球の最速を2~3km伸ばすことが可能である手応えを得たという。これまで自己最速は152kmで、来季は155kmを目標に設定。「そうなれば真っすぐで空振りが取れるようになると思う」と目指していく。

【関連記事】楽天・島内「FA騒動」謝罪も 「大きすぎた代償」とは






 近年ではエンゼルス・大谷翔平が同施設でのトレーニングメニューを実践し、主に投球面でパフォーマンスを向上させたことで知られる。大谷は重さが異なるボールを壁当てなどで投げ分け、肩肘の強化だけでなく、身体全体の適応能力を活性化させているという。「プライオボール」と呼ばれ、硬式球が約145gなのに対し、100g、150g、225g、450g、1kg、2kgと6種類の重さが用意されている。

 このオフも中日根尾昂ソフトバンク近藤健介らが同施設を利用したことが報じられた。もっとも2010年代後半からは、日本ハム・金子弌大やDeNA・今永昇太、浜口遥大、阪神藤浪晋太郎、ロッテ・種市篤暉らが同施設のメニューや解析術に触れている。日本ハム・伊藤大海は苫小牧駒大時代からプライオボールを用いていたという。

 日本での広告塔が大谷ならば、本場メジャーリーグで同施設の存在を知らしめたのが、現在は性的暴行疑惑により2年間324試合の出場停止処分を科されているドジャースのトレバー・バウアーだった。インディアンス時代のメジャー2年目の2013年シーズンを終えたオフに、ドライブライン・ベースボールの門を叩いた。

 翌年からメジャー定着を果たし、2018年には28試合で12勝6敗1セーブ、防御率2・21とエース級の投手に成長。レッズ移籍後に迎えた短縮シーズンの2020年には、ダルビッシュ有との争いを制してナ・リーグのサイ・ヤング賞に輝いた。

 モーションキャプチャーを用いた解析で、ピッチデザインが飛躍的に向上したという。変化球の回転軸の見直しだけでなく、例えば高めに投じるカーブが有効など、そこでは多くの「気付き」が得られた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧