ジンクスを吹き飛ばせ!神宮大会V校が翌春センバツV校になれない理由とは?

タグ: , , , 2019/11/26

2001年の報徳学園しか「秋春連覇」を成し遂げていない

 以上、19例の中で、そこそこ勝ち進むものの、卒業後に早稲田大を経て千葉ロッテ入りする大谷智久がエースを務めた2001年神宮王者の報徳学園しか、「秋春連覇」を成し遂げられていないのです。

 理由はいろいろ考えられますが、神宮大会からセンバツまでは4か月と長いブランクが空くこともその一つに挙げられます。

 神宮大会の模様はCS中継されますので、録画された各選手の映像も対戦校には出回りやすく、試合当日までには丸裸にされることもしばしばです。

 またスポーツマスコミは冬場、ネタ枯れの時期。「秋の日本一チーム」には当然、オフシーズンも取材が相次ぐため、「報道をプレッシャーではなく、力に変えていく」したたかさも求められます。2000年以前では、1997年の神宮大会を制して、そのまま1998年の春夏甲子園連覇を達成した、怪物・松坂大輔を擁する横浜がまさにそのような「加熱報道すらも味方に巻き込む」チームだったと伝えられています。

 来年、中京大中京がこのジンクスを破り、春の頂点に上り詰めることができるか、今から楽しみでなりません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧