格闘家・浅倉カンナと異色の社員YouTuber・サイソンKAZUYAが「挑戦」について語る 次戦へ向け雪辱誓う「KOか一本で!」

タグ: , , , 2021/10/21

 10月24日に、ぴあアリーナMMで開催される格闘技イベント「RIZIN.31」。この大会で、女子スペシャルワンマッチとして大島沙緒里(AACC)との一戦が発表された浅倉カンナ選手(パラエストラ松戸)。

 今回、その浅倉と株式会社クレディセゾンの社員YouTuber・サイソンKAZUYA氏によるスペシャル対談が実現。
異なるフィールドとはいえど、共に「チャレンジャー」として活躍する2人が、それぞれの「挑戦」について語った。

 サイソンKAZUYA氏は現在、社員YouTuberとして活動。自身のYouTubeチャンネルではこれまで数々の有名なアスリートを招き、様々なトークテーマで対談をくり広げている。

 そんなサイソンKAZUYA氏と浅倉の接点は、意外なところから始まったというが、初対面時のことを2人はこのように振り返る。


浅倉:元々私の兄とサイソンさんが大学の先輩後輩というところから始まりました。大学時代に直接お会いしたことはなかったんですが、先日兄の紹介もあって、YouTubeのコラボ撮影をしようという話になり、そこで初めてお会いしたんですよ。

サイソン:そうですよね。僕は、元々カンナさんのことを知っていましたが、「格闘家」と聞くと、性別問わず、どちらかというとすごいギラギラしていて、女性でも怖い印象がありました。でも、カンナさんは、全くそんなことなくて。むしろ、「格闘技やってるの?」というのが正直なところでしたね。

浅倉:本当によく言われます、それ。「本当に格闘技やってるの?」って(笑)自分は、(サイソン氏が)元々体育会系の方って聞いていたので、勝手に「接しやすいだろうな」って思っていました。兄からも、「めちゃめちゃ顔も広いし、本当にいい人だよ」と聞いていて。だからYouTube撮影めちゃめちゃ楽しみで。実際に会ってみると、本当その通りでした。今まで厳しい環境でやって来られていると思うので、話もわかってもらえる。自然と話が弾んだ印象でした。体育会系ってなんか気持ちいいなって思いましたね。

サイソン:なんか結構照れますね、カンナさんに直接言われると。YouTube撮影は、選手生活の話やお金の話、しくじりなど色々なテーマで対談させていただいているんですが、僕的に1番印象に残っているのが、「しくじり」ですね。放送できないようなしくじりとかもあって(笑)だいぶカットはしましたね(笑)

浅倉:すみません、本当に(笑)サイソンさんが話しやすすぎて、ついペラペラ話すぎちゃいました(笑)

サイソン:僕は(浅倉の)格闘技をやっているところしか今まで見たことがなかったので、それ以外の魅力を皆さんに届けるべくYouTubeを撮りたいなと思っていました。なので、撮れ高的には相当いいんじゃないでしょうかね。
やっぱりそのギャップが激しいから、普段、カンナさんの格闘技部分しか見ていない人は、より好きになると思いますね。





ちょっとぶっ飛んでる方が、挑戦もできる

 サイソン氏は「社員YouTuber」として、浅倉は「格闘家」として、フィールドは違えども、それぞれ「チャレンジャー」であることには変わらない。

 元々は営業一筋で成果を出し続けてきたサイソンKAZUYA氏。その後大きなチャレンジを経てYouTuberとして活躍されている同氏のチャレンジから、浅倉は「一競技者」として刺激を受けているという。

浅倉:自分はこれまでほとんど格闘技しか経験してきていない。サイソンさんみたいに、スポーツも経験して、会社員も経験してというのは、自分にはわからない世界なので、すごいなと思いますね。
格闘家って、ずっとチャレンジしていくので、そういった部分ではやっぱり尊敬します。自分もチャレンジしている分、怖さだったりがわかるので。それをスポーツじゃなく、仕事として広げていくのはもっと難しいと思うので、すごいなと。
それって、誰でもできるわけじゃないじゃないですか。勇気もいるし、やり続けるという覚悟も多分あるだろうし。でも、その中で、楽しく自分のやっていることを広めようとしているのが、すごく素敵だと思います。
自分もチャレンジを繰り返してやっていますが、そのチャレンジをしている時って、すごく楽しいので。そうやって楽しく広めようとしているのが、やっぱり日体大だなと思いますね(笑)

サイソン:あははは(笑)お兄さんもそう(日体大出身)ですもんね。

浅倉:人それぞれだとは思うんですけど、やっぱりスポーツをやっていた人って、考え方がぶっ飛んでいる人が多いんですよ。そういった部分で、面白いことを見つけて、始めるっていう勢いみたいなものは、日体大だなって思いますよ。

サイソン:やっぱブッ飛んでますよね。自分では全くそんな事思わないですよ!(笑)
普通の人だったら多分できないけど、やっちゃうみたいな。だから僕は変わり者なんですよね(笑)会社でも、「あいつ変わってるな」とかよくありますよ。逆に、「変わってる」とか、「普通じゃない」とか、そいうこと言われるの嬉しいんですよね。「真面目だね」とか「普通だね」とか、そういうこと言われても嬉しくないというか・・・
言われたこと無いですけどね(笑)

浅倉:サイソンさんぶっ飛んでます!(笑)ちょっとぶっ飛んでる方が、挑戦もできるし、色々広げていく力があるのかもしれないですね。

サイソン:フィールドは多分違うと思うんです。カンナさんは格闘技というフィールドで、僕はYouTube、そして社会というフィールド。立場は違えど、「挑戦」しているというところでは同じだと思うので、僕とカンナさんを見て、何か挑戦したいなとか、頑張ってみたいなという風に思ってもらえたら嬉しいですね。

浅倉:自分の活動を広げていくことって、本当勇気がいることだと思うんです。自分も格闘技を始めるのに、勇気が必要でしたし。そういったことを越えればめちゃくちゃ楽しいので、そういったことを、皆さんにもやって欲しいですね。

サイソン:振り切って欲しいですね。僕もカンナさんも、スーパーポジティブだと思うんです。どこで何を言われようが、全く気にしない。僕らの明るさを見ていただきたいです。

浅倉:なんか「こんくらいだったら楽そうだな」とか、何も溜め込まずに過ごして欲しいです。ポジティブは人に移りますからね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧