【RIZIN】浅倉カンナが修斗女王SARAMI戦に向けて公開練習、流した涙の理由とは

タグ: , , , , 2022/3/31

 4月17日に都内で開催される「RIZIN.35」に向けて、浅倉カンナが3月31日に千葉県内のジムで公開練習を行った。

 RIZINの中心選手としてスーパーアトム級の最前線で戦う浅倉カンナ。しかしここ2戦は昨年のスーパーアトム級王者の浜崎朱加、RIZIN初参戦の大島佐緒里を相手に現在2連敗中と苦しんでいる。

・今すぐ読みたい→
【RISE】天心のRISEラストマッチに関して同僚・白鳥が激白! 「天心のセコンドは朝倉未来? 話題性を取ったんじゃないですか」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tenshinnasukawa-rise-last-match-02/


 3月23日に行われた『湘南美容クリニック presents RIZIN.35』の記者会見で、4月17日(日)に行われる試合でSARAMIとの対戦が実現した事が発表された。対戦相手のSARAMIは、2021年11月に黒部三奈との戦いに勝ち、修斗女子世界スーパーアトム級王者の座に輝くなど、今勢いのある選手だ。

 記者会見では互いにこの試合にかける意気込みや、お互いの印象について語り、その後に行ったインタビューでは、過去の2戦を振り返りながら次戦への意気込みを語った。

 浜崎朱加やRENAなどの実力者が次々に負けている 同階級。しかしそんな状況についても浅倉の考えは前向きだった。

「良く思えば全体のレベルが上がってきているのかなと思います。こういう状況になって、日本人選手が出れるようになったじゃないですか。だからこそ下の人たちは、出たくて頑張るようになる。そこの気持ちが自分には足りていなかったかもしれない」

と、全体のレベルの底上げに好印象を持ちながらも、各選手のハングリー精神に自分の足りなかったピースに気付かされたようだった。





 対戦相手のSARAMIも苦労しながら這い上がって来た選手。昨年11月6日SARAMI 対 黒部三奈の戦いについての質問については、

「見に行きました。自分が10月に負けて、泣きながら帰りましたね。その時黒部さんと練習してたんで、黒部さんは、あんなにいい試合して、結果は負けちゃったけど、自分には響いた試合で。自分が本当に情けないなと思って泣きながら帰りました」

共に練習してきた黒部三奈の戦う姿には、心を動かされるものがあったと語った。

そして敗戦後には、黒部から「また頑張れよ」と普段と変わらぬ様子で励まされたと明かした。

 さらに浜崎朱加が伊澤星花に負けた試合についての質問には、

「悔しかったです。自分がやっぱり倒したかった。そこにいない自分も悔しいし…。悔しさしかなかったです」

と、何度も何度も悔しさを口にしていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧