原巨人 「岡本シフト」のDeNAに6連敗!不安視される主砲・岡本の状態とは

タグ: , , 2021/9/15

 戦場が変わってもDeNAの勢いは止められなかった。

 先週敵地で行われた3連戦(横浜スタジアム)では、2敗1分けと散々な結果に終わり、本拠地での巻き返しを誓っていた巨人だったが、14日のDeNA戦(東京ドーム)にも2―3と敗れ、これで引き分けをはさみ6連敗。同カードは7月3日から8戦勝利がない。チームは坂本を4月7日の阪神戦以来となる3番に置くなど打線を大幅に組み換え、臨んだ一戦だったが、あと一本が出なかった。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸に原監督激怒「見られたもんじゃない!」 そのウラにある「2つの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tatsunorihara-scold-yoshihiromaru/



 
 先発の山口は六回まで桑原のソロによる1失点と粘投。しかし同点の七回一死、ソトへの初球がすっぽ抜け、ヘルメット上部をかすった。これが危険球とみなされ、プロ野球史上最多となる通算4度目の危険球退場を宣告された。

 さらに急きょ代わった2番手の田中豊が初球を牧に左中間へ運ばれ、決勝2ランを浴びる。敗れた試合後、ほこ先が向かったのは打線だった。原監督は「もうちょっと打線が点を、というところでしょう」と投打共に勢いのあるチームに2得点に終わった打線の奮起を促した。

 ターニングポイントとして注目を集めたのは初回の攻撃だ。初回は1死から松原、坂本が連打で一、三塁とチャンスメーク。続く打席は4番・岡本。ここで先制といきたかったが、この場面で注目を集めたのはDeNA側が内野の守備隊形を大きく動かし「岡本シフト」を敷いたことだった。





 二塁手の牧を二塁後方に配置し二遊間を牧、遊撃手の柴田、三塁手の宮崎で守り、一、二塁間はガラ空きとなった。結果は「6―4―3」とDeNAの狙い通りの遊ゴロ併殺打に打ち取られたことで、ネット上は「シフトに見事にハマッた!」「シフト気にせず、岡本はスタンドまで運べ!」など大騒ぎとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧